エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0751:心の泥をまずは掻きだす

0751:心の泥をまずは掻きだす

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
     ◆◇◆   心の泥をまずは掻きだす   ◆◇◆ 751号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。


パリでのジュリアンの出版記念イベントに私も参加してきました。
せっかくなので・・・と、会場には、本に登場してくるジュリアンのお母さん、お兄さん、
友だちのクレッグの3人も来て、参加者のQ&Aに答えていました。

当日の様子はこちらにチラリと紹介されています。


私が素晴らしいなぁと思ったのは、ジュリアンのお母さん。
お母さんは、ジュリアンが体験してきたその不思議な話を、判断もジャッジも否定も
なく、ただただ、ひたすら聞き役に徹し、ずっと聞き続けてきたそう。

そして、彼から聞いた話を家族であっても誰にも言うことなく、人に話すのは、あの日
が初めてだと言われていました。

ジュリアンとお母さんの間にある信頼と絆は強いなと以前から感じていましたが、
ジュリアンの体験が、どんなに奇想天外であっても、優しくその話に耳を傾け、受け入れ
てくれた人が身近にいた、というのは本当に素晴らしいですね。

これは家族であっても、なかなか出来ないことではないでしょうか。

 ジュリアンがどんな人かご存じない方はこちら
0664:宇宙人からワンネスへ

 ジュリアンが直接日本語で書いた本はこちら
Amazon 「ワンネスの扉」

テンプルにご注文の場合はこちら
「ワンネスの扉」
(送料がかかりますので、他の商品とご一緒にご注文下さい)
 


さて、パリでもジュリアンの講演のあと、参加者からのQ&Aコーナーがありました。

日本のどこかの会場でも同じ質問がありましたが、こんな質問がジュリアンにされました。

「ワンネスを体験したジュリアンにも、嫌いな人、苦手な人はいますか?」

それに対するジュリアンの返事はこうでした。

「いません」


何故ジュリアンには嫌いな人や苦手な人がいないのか・・・。

誰かに不快感や嫌悪感を感じるのは、自分の中にそれに反応する「何か」があるから。
だからやるべきことは、自分の心を観察し、自己改革をすること。
その後でまたその人にあったら、きっと感じ方は変わっていると思う。
そう答えていました。


『へそ道』を提唱している入江富美子さんの講座でも、自分の心の泥を掻きだすという
ことをやっています。

普段何ごともなければ、キレイに見える私たちの心の泉も、その底にはぶ厚い泥が溜ま
っています。

それを時々誰かがかき回して、泥を浮き上がらせてくれるので、つい直接その泥をかき
混ぜてくれた人に対し、イライラや怒りを感じてしまいます。

でも、反応してしまうのは、自分の心に泥が溜まっているから。
その泥が少しずつでもキレイになっていけば、誰かに対し怒りやイライラを感じる元が
なくなっていきます。

状況を変えたかったら、相手を責めたり相手を変えようとするのではなく、自分の心の
ゴミや泥をセッセと取り除く。

誰かに感じるイライラや怒りって、自分の心の泥に気づく絶好のチャンスなんですよね。


ケイシーは悪口を言うことに対し、いくつもリーディングを遺しています。

『誰に対しても、辛辣な言葉を決して吐いてはならない。 誰かを咎めるくらいなら、
何も言わないことだ。咎められたとしても、決して咎めてはならない』361-9

『あなたが他人を悪く思うことすら、必ず自分に破壊的なかたちで影響を与えずには
おかない。他人をよく思うようにせよ、そしてどうしても他人をよく言うことができ
ない場合は何も口にしないことだ。――とにかく、そんなことは忘れてしまうがいい! 』
2936-2

『母親が嫌いだからといって、あなたは何に不平不満をもらしているのか?   母親も同じ
くらいにあなたを嫌っている。しかし、それを愛に変えよ。 親切であれ、優しくあれ、
忍耐強くあれ、辛抱強くあれ。 なぜなら、神が汝に辛抱してくれなかったら、あなたに
一体どのような望みがあり得ただろう? 』5081-1


もし、一方的に悪口を言われているような状況にあるなら、このリーディングが役にたつ
かもしれません。

『あなたを酷く扱い、さまざまな所であなたの悪口を言いふらす人を、あなたが心と精神を
もって赦すなら、他人のあら探しをする人々は、ついには彼ら自身のうちに欠点を見出す
ようになる。なぜなら、彼らは自分自身の記録を綴っているからであり、彼らが人について
言いふらすことは、その一つ一つに至るまで、彼ら自身で出遭わなければならないからだ 』
487-17


悪口については、過去のメルマガでも書いています。
0647:悪口を云わない

嫌いな人、苦手な人、そんな人はいません!とキッパリ言える日は果たして今生であるのか
ないのか・・・。私もイチから出直します~!



それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ751号 2019年6月29日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up