エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0262:女性の身体をもっと元気に

0262:女性の身体をもっと元気に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◆◇◆  女性の身体をもっと元気に  ◆◇◆ 262号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

今日のテーマは女性の生理用布ナプキンについてです。
男性の方には、興味がない話題かもしれませんが、パートナーや会社の同僚、お友だち
や娘さん、お孫さんの健康に直結していることですので、そのまま読んでいただければ
と思います・・・。

さて、およそ28日ごとやってくる女性の生理。
このたった28日間の間にも、女性の身体は大きく変化しています。

・排卵期間は排卵期間では、いつもと体調も気持ちも変わり・・・
・生理前は生理前でPMS(月経前症候群)と呼ばれる症状があり・・・
・生理中は生理中で、辛い生理痛や貧血で寝込む人も多い・・・

だったら、いったい女性はいつ「100%元気!」なんだ~!って思ってもしまいますが、
生理があるとされる40年間、女性は毎月、月のサイクルとともに生きている不思議で
繊細な生き物なのです(だからもっと優しくしてね。男性の皆さま)

特に生理中は実際に出血を伴いますので、生理痛や貧血がなくても、毎月のこの生理
期間をいかに快適に過ごすかは、女性にとっての大きなテーマになっています。

私が生理になったのは、もう35年も前。(女性の生理期間はおよそ40年と言われます
から、そろそろ私も更年期世代です)

その時、母から渡された生理用品は、厚さ1cmはありそうな代物でした。ズレ予防のテ
ープもなく(だから自分で両面テープを買ってつけていた)、漏れ防止の高分子吸収
体も羽もなく、正真正銘の紙ナプキンでした。

その後生理用品はどんどん進化し、薄く、快適になっていきました。
原材料は知らぬ間に、パルプ(紙)主体から石油化学製品100%に。そういったケミカ
ル100%の生理用品が女性の身体にどんな影響を与えるか、などとは、全く考える
こともなく、ひたすら便利に、楽になったことを喜んでいました。

でも、見渡すと、女性の身体がちょっと変です。
以前、数名の女性と食事をしたら、私以外の女性が全員、子宮筋腫持ちだったことが
あります(そのうち2名は、家族/母親や姉妹も筋腫持ちでした)。

仕事柄、健康上のトラブルを抱えた方とのおつきあいも多いのですが、その時には特
に「筋腫の女性だけ」を集めた食事会ではなかったので、なおさら驚いてしまいまし
たが、それほど筋腫持ちの女性の存在が、当たり前になってきました。

筋腫以外にも内膜症、卵巣嚢腫など、女性器トラブルを抱えている女性の数はどんど
ん増えている気がします。

子宮や卵巣にトラブルが起こる原因は1つではないので、これが全てではないにして
も、生理用品の原材料が紙から、100%化学物質になったことも、この急激な増加にお
おいに関係しているような気がしています。

・・・というのも
昔、赤ちゃんのオムツは布でした。でも最近、ベランダに赤ちゃんのオムツが干され
ている情景はトンと見ません。ほとんどのお母さんは紙オムツ(でも本当の原材料は
石油化学製品)を使っています。

私が赤ちゃんの頃はオムツは1歳前後で外れました(私の母の自慢の1つが我が家の
3人兄妹のオムツが1歳の誕生日前に外れたことでした)。最近の赤ちゃんは3歳く
らいまで紙(石油化学100%の)オムツをしています。

昔、生理用品を使うのは生理中だけでした。それも例の厚ぼったい紙ナプキン。今は
石油化学製品でできている生理用品を、生理中だけではなく、オリモノ用、下着が汚
れないようにと、普段の日にも使っていたりします。

そして、年をとると、尿洩れパットだの紙オムツだの、やはり石油化学製品を下半身
にあてることになります。

つまり、ずっっっっと、下半身には、通気性の悪い、石油化学製品が当てられている
ことになりはしませんか??

皮膚はある程度、異物を体内に入れないような防御をしています。でも生理用品があ
たる部分は、皮膚というより粘膜。そして、直接内臓に直結しています。

あの湿った温かい場所で24時間ずっと直接化学物質にふれている粘膜は、どんどん化
学物質を体内に吸収しつづけています。

さらにあの水分をしっかり受けとめる「高分子吸収体」。
これは、熱が出たときに頭を冷やす冷却剤と同じ成分。つまり、下半身から身体の熱
がどんどん奪われていってしまっています。

これって、まずいですよね。特にお腹を温めたほうがいいとされる女性の体温が、知
らず知らずに奪われ、代わりに化学物質が入り込んでいるって。

やっぱりマズイです。
>実際、女性器にトラブルを持つ方は、そうでない女性に比べ、毒性の高い化学物質の
体内濃度が高い、また冷え性の女性が多い、という報告もあるくらいです

だったら、どうすれば?ってことになりますが、
テンプルでオススメしているのは、まず手始めに生理用品を布に変えること。
出血の多い日に使うのは抵抗がある方でも、量が少なくなったら布にしてみる。
そして、オリモノシートだとか尿取りパッドも、布にする。

それだけでずいぶん違ってくると思います。
だって24時間使い続けですもの。身体に安心で安全なものを使いたい。それに、ケミ
カルなものと違い、痒くなったり、蒸れたりということもありません。

もちろん、布ですから使ったら洗います。その時の洗剤は「ア○ック」だとか「ニュ
ー○ーズ」ではなく、身体に安全なものを選んで下さい。

え~、毎日血のついたものを洗うの~?って思いますが、慣れれば「ちょちょいのち
ょい」です。

テンプルのズボラを自認するスタッフも「あの気持ちよさを味わったら、もう元には
戻れません・・・」と言っております。

・・・と、ここまで書いても、まだ書き足りません。
この話題は、熱く語ると、どんどん奥深くに行ってしまいますので、次回も、女性の
身体と生理について。(男性の皆さま、ごめんなさい)

身体に安心、安全の生理用ナプキンはコチラからどうぞ↓
自然素材でできた洗剤はコチラから

それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ262号 2008年11月1日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up