エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0626:ケイシー療法ビフォー&アフター

0626:ケイシー療法ビフォー&アフター

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ ケイシー療法ビフォー&アフター  ◆◇◆ 626号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

新年あけましておめでとうございます。
たくさんの方から年賀状もいただきました。新年早々励ましや嬉しいご報告もいただ
きました。ありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、年末、兄でケイシーセンター会長の光田秀のフェイスブックに「ケイシー療法
を実践した方々のその後の報告」が紹介されていました。

本人に転載の許可をもらいましたので、以下に張り付けさせていただきます。


~以下、転記~

小学校入学前の検診で、子供さんに学習障害があると告げられたお母さんがおられま
した。ご相談を受けたのは1ヶ月くらい前だったかもしれません。私は一通りご様子を
伺い、最終的に背骨に問題があると考え、私の知っているオステオパスをご紹介いた
しました。お母さんはそのオステオパスのところで子供さんの背骨を治療してもらっ
たところ、1回の治療で精神がクリアになり、次の検診では「問題なし」とされたそう
です。今日の医学は精神の発達に問題があると、すぐに脳に問題があると考えますが
エドガー・ケイシーのリーディングを調べる限り、その可能性はまことに低く、ほと
んどは背骨の問題なんです。こうして、またお一人、苦しみ悩みから救われたことを
主に感謝いたします。


70才近い男性の方ですが、少し前から尿漏れとそして(大きい声では言えませんが)
便漏れがあって、悩んでおられたそうです。いろんな病院で治療し、薬もいただいた
そうですが、全然治らなかったそうです。

私は、ご様子を伺い、どうやら一連の食事療法を勧めたんだそうです。そして、その
方は、少々不審に思いながらも、「クレソン、セロリ、レタス、ニンジン」をできる
だけ生で食べる食事にし、「獣肉と揚物」を禁食にしたんだそうです。そうすると、
驚くべきことに、1週間後に、尿漏れと、便漏れが治ったんだそうです! 報告を受け
た私の方がびっくりしました! 主の栄光を賛美いたします。


膠原病(シェーグレン症候群)のために涙腺の働きが悪くなり、始終、腫れぼったい
目をしておられた方がおられました。

私はその方に、ヒマシ油パックと、寝る時にヒマシ油の点眼を勧めたそうです。その
方は、もっと厳格な食事療法を指示されるかと思い、ちょっと暗い気持ちで私に相談
したんだそうですが、とてもシンプルな方法で、まずはそれに安堵され、そして、
実際にヒマシ油パックとヒマシ油の点眼をやってみると、数日、かなり目やにが出た
そうですが、その後は、まぶたがすっきりして、今日は、ぱっちり目で講座に来られ
ました。ご本人も、とても喜ばれ、このままヒマシ油パックと点眼を続けると、嬉し
そうに話しておられました。



また、二日前にご報告をいただいたケースですが、あるご年配の男性が喉頭ガンが
見つかり、医者から声帯ごと切除する手術を勧められたそうです。その1週間後くらい
に手術が決まっていたようですが、息子さんがいろいろ調べ、エドガー・ケイシーを
知り、私の講座を受けられました。たぶん半年くらい前だったと思います。

その方は、ただちにケイシー流の食事療法と、喉へのヒマシ油パックを実行され、
ご本人曰く、パックの翌日には、奥さんに「喉頭ガンは治った気がする」と話された
そうです。実際、手術直前の再検査で、ガンが消えており、手術が不要になりまし
た。そして、数ヶ月後の再検査でも、主治医から「どこにもガンの痕跡がありませ
ん」と言われ、医学的にもお墨付きをいただいたそうです。嬉しいことです。
主のなさりようを賞め讃えます!

~以上引用おわり~


どれも嬉しいご報告ですね。しかも実践された内容は、複雑なことでも高額な費用の
かかることでもなく、すぐにご家庭で取り入れられることばかり。
オステオパシー(整骨治療)は専門の治療院に行く必要がありますが、整骨もケイ
シー療法の基本のキ。通いやすい場所でいい先生を見つけておくと安心です。


ほんの少し変化が、このような大きな結果を生み出していく人間の身体というのは
繊細で不思議なものですね。


ケイシー療法では、その頭文字をとって「CARE」と呼ばれる4つの柱を整えてい
きます。
C 循環(身体の中の血液、リンパ、エネルギーの流れ)
A 同化(食べ物の消化吸収)
R 休息
E 排泄

この4つのいずれか(もしくはすべて)を正していくことで、身体は自ら健康へと
ベクトルを変えていくことができます。

CAREについてはこちらをご参照下さい。


それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ626号 2017年1月6日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up