エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0539:一角獣(ユニコーン)の不思議

0539:一角獣(ユニコーン)の不思議

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇◆  一角獣(ユニコーン)の不思議  ◆◇◆ 539号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

いまスコットランドのオークニー島に来ています。日本でいえば、北海道のもっと北
カムチャッカ半島と同じ緯度あたりだそうです。

スコットランドはとにかく景色の美しいところ。
街中では石でできた古いお城のような建物がいまだ現役で使われていますし、郊外に
行けば、なだらかな緑の丘陵地が続き、ところどころで牛や羊たちがはべっていると
いう牧歌的な風景。

今の季節は、牛も羊も生後数か月のチビたちがたくさんいて、可愛い盛りのその様子
に、見ていて飽きることがありません。

すでに旅も残りわずか。
今日はこれから超古代の石の遺跡を見に行く予定になっています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

すでにブログに書いたネタではありますが、スコットランドに来て、ユニコーンが
プチ・マイブーム中。追加情報も加え、メルマガ用に少し書き直しました。

ブログはこちら



スコットランドを歩くと、至る所でユニコーン(一角獣)を見ることになります。
なぜなら、スコットランド王家の紋章がユニコーン…。

想像上の生き物だとされるユニコーンが王家の紋章になったというのは、とても興味
深いことです。ユニコーンの性格が『飼い馴らしのきかない、たいへん凶暴な、無敵
の、それゆえに自らの力を過信する傲慢な野獣だった』となれば、なおさら。

ケイシーリーディングの視点からみると、ユニコーンが現実に地球上に存在したと
しても全く不思議ではありません。地球に飛来してきた魂たちは、自分の想念の力に
よってどんな形の生き物であっても創造することができましたから、頭に角を持つ
ユニコーンが実際に地上を闊歩していた、ということは十分ありえます。

実際ケイシーのリーディングには、多くの魂が地球に飛来してきた当初、ユニコーン
もいた、と述べています。

地球黎明期のことは、下記のメルマガバックナンバーをご参照下さい。
0048:テンプルビューティフルの秘密

それにしても、何故ユニコーンがスコットランドの紋章になったのでしょう…? 
ガイドさんに聞いてはみたものの、その歴史的な意味合いはよく分からないそうで
す。ケルト民族の伝承にはユニコーンが登場するらしいのですが・・・。

そんなこんなで、ユニコーンのことをガイドさんと話していたら、ノアの箱舟に乗せ
てもらえなかった動物としてユニコーンが出てくるよと旅の仲間からの情報が…。

ネットで検索してみると、旧約聖書のノアの箱舟のシーンにはそのような記述は見つ
からなかったものの、ロシアやポーランドなどの民話には、ユニコーンは箱舟に乗せ
てもらえなかった、乗せてもらったけれど他の動物を傷つけたので船から落とされた
あるいは、自力で泳いでいたけれど、最後に鳥が角に乗ったら溺れてしまった、と
いった話が伝わっています。
ユニコーン

ノアの部分ではないものの、旧約聖書の他の章には、いくつもユニコーンの記述を
見つけることができます…。

Wikiから3つだけ転記すると…。

神は彼らをエジプトから導き出された、その勇敢さは一角獣(ユニコーン)のようだ
『民数記』第23章第22節

彼の威厳は初子の雄牛のようであり、その角は一角獣のようだ。それで彼は国中の
民を突き刺し、その全てを地の果てにまで及ぶ--
『申命記』第33章第17節

獅子の口から我が身を救いたまえ、一角獣の角から弱き我が身を護りたまえ--
『詩篇』第21(22)章第22(21)節


旧約聖書に書かれているということは、ユダヤの人達にはユニコーンがどのような
動物だったのかの共通認識がある、ということですよね。




さて、上記のようなことをブログに書いたところ、ケイシーのリーディングにはユニ
コーンは登場しないのかとメールが届きました。さっそく調べてみたところ、いくつ
も見つかりました! 上記の超古代に存在した生き物の1つとしてだけではなく、
数名の人のライフシール(アカシックレコード/一人一人の魂の書の表紙に描かれて
いる、その魂を象徴する絵柄)にユニコーンが描かれているとケイシーが述べたもの
があったのです。

例えば

私の魂のシンボルは何ですか?と聞かれて・・・
『The unicorn with the bear opposite; both on their HIND feet』594-1
熊の反対にユニコーン。両方とも後ろ足で立っている(Hind feetは後ろ足で立つで
合っていますか?)


個人的にとても興味深いのが2歳の女の子に対して述べられたリーディング

『The shield or seal of the entity is rather unusual. It is as a coronet 
with an extra shield or face forming a part of same; a plume with three 
feathers, - white, purple and blue; the unicorn upon the left upon the hind 
feet, and the lion upon the right upon the hind feet』1566-3

直訳は少し難しいので、ざっくりこんな感じのライフシールです。これはとても珍し
い図柄のようです。

→白、紫、青の3枚の羽根が木のようになっていて、左側にユニコーン、右側に獅子
が後ろ足で立っている。全体としては小さな王冠のような形。

ケイシーによれば、ユニコーンは強さ、獅子は決断力を顕しているそうで、つまり、
この2歳の女の子は、強さと決断力を持ちあわせている、ということになります。




…聖書や王家の紋章にユニコーンが出てくるのを驚いていたら、実は日本にもユニ
コーンの像や図柄が使われている場所があるそうで・・・。

明治神宮外苑にユニコーン像


・・・ということで、しばらく私のユニコーンブームは続きそうです。
何か情報があったら是非教えて下さい。


それではまた!


(有)テンプルビューティフル メルマガ539号 2014年6月13日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up