エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

0029:食欲のゆくえ

***********************************
                  ◆◇◆ 食欲のゆくえ 29号 ◆◇◆
***********************************
テンプル・ビューティフルの光田菜穂子です。

先日、メルマガを毎回、楽しみにしてくださっているという方からのお便りのなかに
「でも、文章が長すぎて、時々疲れる」って書いてありました。
ごめんなさ~い。私も毎回、書きながら、これだけを読みこなすのは、読む方にもパ
ワーがないと大変かもって思ってました。やっぱりそうですよね。

毎回、内容を完結させて、読み切りにしたほうが、初めて読まれる方にいいかなと思
っていたんですが、ちょっと長すぎでしたよね。これからは、できるだけ、文章は短
く簡潔に。そして、長くなりそうなものは、2~3回くらいに分けて書くように気を
つけます。また何かアドバイスがあったら、ぜひお聞かせ下さい。

==================================================================

時々、私は、姪っ子と「はとバス」で日帰り旅行を楽しんでいます。
ある日の出来事・・・。

私たちの前に母子とイトコ達という4人の女性が座りました。母50代、娘たち10代後
半から20代後半というところでしょうか。
はとバスは朝7時頃に出発したんですが、いやあ、凄かったです、その4人組の食欲。
まだバスが出発してないのに、それぞれがバッグから取りだしたお菓子をお互い交換
しあって食べ始めたのをキッカケに・・・。

トイレ休憩、ドライブインと何度かバスが止まるたびに、新たな名物、名産品、お菓
子の山を手にして戻り、とにかくずっっっっと食べてました。もちろんお喋りにも花
が咲いてましたが。

そんなに食べてはお昼ゴハンは入らないだろうと思っていたら、しっかりお昼の食べ
放題もお腹の中に・・・。そして帰りのバスでも口と手は止まらない。彼女の上の網
棚はお菓子と名産品であふれかえってました。

私は、食事の時間以外、デザートやお菓子などの間食をほとんどしない人間なので、
脈略なくずっと食べ続けている人たちの姿に驚いてしまったのですが・・・。
これってフツーですか? 遠足気分が入っていたにしても、あの食欲は凄かったです。

それから、行くたびに驚いてしまうのがデパートの地下、通称デパ地下。
あそこは食欲の固まり。巣窟ですね。東京のデパ地下は、いつもどこかに行列があり
ますが、その行列の先には、見るからに甘そうなデザートやパン、餃子やコロッケが
・・・。

確かに美味しそうではありますが、テレビのダイエット特集は必ず見逃さない女性の
方々が、一方ではデパ地下で行列までしてデザートを買っているのって、なんか変じ
ゃないですか?

デパ地下に並んでいる食品が、全て誰かの胃袋に収まっているかと思うと、すさまじ
いものがあります。
その食欲の行く末に、中年太りと成人病が待っているって誰もが知っているハズなん
ですが・・・。さらに、必要以上の食欲は、自分の運気も落としています・・・。

自分が何を食べるかの選択を単に欲望とコマーシャルだけにゆだねているのは危ない
と思いますよ。今の自分の有り様は、これまで考えてきたことと、食べてきたものと
で出来ている、とケイシーも述べています。胃袋に入る量を考えると、もう少し、自
分の食べるべきものの優先順位を考えたほうがいいように思います。

・・・なんだか、今回も長くなりそうなので、この続きは来週に。

それではまた

(有)テンプルビューティフル メルマガ29号  2003年11月14日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up