エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0517:怖れや不安ではなく喜びで家を飾りませんか?

0517:怖れや不安ではなく喜びで家を飾りませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇◆ 怖れや不安ではなく喜びで家を飾りませんか? ◆◇◆ 517号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

明けましておめでとうございます。

今年はどんなお正月を過ごされたのでしょう?どんな1年の抱負をもたれたので
しょう?

私は、放っておくと、好奇心のままにあちこち動いてしまうので、今年は優先順位を
定めて、できるだけ焦点を絞って行動をしようと思っています。


今年もどうぞよろしくお願いします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

数年前から定期的にコンテンポラリー風水講座を開催するようになったこともあり、
友人の家に遊びに行ったときなど、よく『風水的にこの家はどう思う? どこか気に
なることがあったら教えて』と訊かれることが増えてきました。

私は週末に行うマークの基礎講座は何度も聴いていますし、昨年からは私も生徒と
してアドバンスクラスも受講したので、以前よりは知識も経験も増えてきましたが、
まだまだ私はヒヨコレベル。

ですからヒヨコレベルからの視点にはなりますが、多くの家によく見られる『うーん
これはちょっと・・・』のお話を今日はシェアさせていただきます。


まず、精神世界好き、見えない世界好きのお宅に伺うと、玄関や窓のそばによく見ら
れるのが八角形の風水鏡。あるいは小ぶりであまり顔が写りそうにもない鏡。

『何故ここにこの鏡をかけているんですか?』と訊くと、だいたい(というより現時点
では100%の確率で)こんなお返事が返ってきます。

『ネガティブなエネルギーが玄関から(窓から)入らないように』『鏡を置いている
と、ネガティブなエネルギーを反射して家を守ってくれると聞いたので』

このメルマガをお読みになっている方で、現在、玄関や窓のそばに同じような理由で
鏡を置いている方がいらしたら、質問です。

『世の中はあなたにとって敵ですか?』
『世の中はあなたに何か攻撃をしかけていますか?』
『あなたは世の中を、そういうふうに見ているのですか?』

人生の喜びや幸せ、豊かな人間関係は外の世界にはありませんか? なぜ、外の世界
からもたらされる様々な経験や豊かさではなく、ネガティブなエネルギーだけに焦点を
あてているのでしょう?


私のお気に入りのリーディングにこういうものがあります。

「主イエスが言われたように、罪をもたらすのは、口から出る言葉であって、口から
入る食べ物ではない」5401-1

ネガティブなエネルギーから守ろうと玄関や窓のそばに鏡を置いていても、自分が
発する言葉が悪口や愚痴、ねたみや悪意に満ちているなら、自分の不幸の原因を、
外に求めても意味がありません。同じように、どんなに玄関に鏡や風水グッズを
置いてみたところで、家の中が便秘状態で、もはや使っていないモノにあふれて
いたり、きちんと整理されていなければ、そここそがネガティブエネルギーの
発生源となってしまいます。

以前、まっすぐに部屋を歩けないほどモノが積み上がっていたお宅の壁に風水鏡と
魔除け札が置いてあるのを見つけたときには、おもわず『神社にお参りに行ったり
お札を買いに行く時間があったら、家の中を片付けたほうがいいよ』と言って
しまったこともありましたが、自分自身が世の中を『自分に不幸をもたらす場所』
だと見ている限り、外の世界はその人にとってそのような場所になってしまいます。

ただ、玄関や窓辺に鏡を飾ってはいけない、ということではありません。

毎日出入りする玄関だからこそ、なおさらお気に入りのものや見ると自分が幸せな
気分になれるもの、美しいものを飾ったほうが、よっぽど家の中によい気が入って
きませんかね。

例えば、美しい鏡を見つけたので(*鏡の扱い方はとても難しいので、風水的な
鉄則は抑えておいたほうがいいです)、多くの人に見てほしくて玄関に飾りたい
とか、外の景色がきれいなので、あるいは太陽の光をもっと自宅に入れたくて窓辺に
鏡を使うといったふうに・・・。

そんな風に外の世界と接していれば、世界はもっと美しく楽しい場所になってきま
す。


自宅の表札もそうです。

自宅の玄関に表札がかかっていないお宅も多いですよね。表札をかけない理由にも
同じような返事が返ってきます。『変な人が来たら困るので』『女性の一人暮らし
なので名前を知られたくないから』

ここでも、表札をかけない理由が怖れと不安から来ています。世の中の人は自分
に何か危険なことをするに違いないと。

確かに女性の一人暮らしの場合、フルネームを出していると『あ、ここは女性の一人
暮らしだな』とすぐに推測されてしまい、性的犯罪のターゲットになりやすくなる、
という心配をされるのは十分理解できます。でも名字だけにするとか、玄関まわりに
男性的なものを置いてみるなど、別の対処法もあるんじゃないかと思いますし、そも
そもエネルギーが入ってくる入口(玄関)が怖れからスタートする、というのはどう
でしょう? それよりすてきにデザインしたお気に入りの表札を作ってかけておいた
ら、自宅に帰ってくるのが楽しくなりません? 家の中に楽しい雰囲気が満ちている
なら、もっとよいエネルギーが自宅に引き寄せられてきそうです。


以前クレジットカードを絶対に使わないという人がいて、理由を聞いたら『クレジッ
トカードを信頼していない』と。クレジットはまさに『信頼』という意味なんです
が、クレジットのシステム、それを扱う人も含め、世の中を信頼できないものとして
見ている限り、その人の日々の行動や発想は、無意識に、あらゆることから自分を
守ることに優先順位を置いてしまいます。

反対に、東京のど真ん中の人の多い街に住んでいながら、もう何年も自宅に鍵をかけ
たことがない、という女性と会ったことがあります。『怖いこと、起こったことない
よ』とその人は言われていましたが(実際のところ、聞いている私のほうがびびり
ました)、この人の行動の基点はまさに信頼そのものですよね。私の周りに悪い人は
いない、私はちゃんと守られているから大丈夫、というなんとも宇宙的規模の信頼に
度肝を抜かれてしまいましたが、その信頼通りに世の中の人は動いているようでした。

だから玄関に鍵をかけないほうがいいのだとは絶対に言いませんが、この話を聞いた
ときには、凄いなぁと感動すら覚えてしまいました。


実は、他にも『怖れや不安』から置かれているものというのは、他にもいろいろ見る
ことができます。

たとえば、3.11の大きな災害を経験したこともあり、玄関前や廊下がお水やお米、
非常食であふれている、というお宅もたくさんあります。棚の中やクローゼットの
中に収まっているのではなく、廊下や玄関など、毎日家族が歩く場所が果たして非常
食の保管場所として適切かどうか・・・?

物理的にも廊下にそのようなものがあると日々の生活動線に支障がでますし、心理的
にも、人間の日々の暮らしよりも将来起こるかもしれない災害にフォーカスが当たっ
てしまっています。もしかしたら、無意識のレベルでは災害を期待する気持ちさえ
芽生えてしまうかもしれませんし(そうじゃないと、その非常食が全部無駄になる
わけですから)、現実を考えれば、大地震が起こったときには、大量に積み上がって
いる非常食の箱が倒れ、廊下を塞いで逃げ遅れる危険性の方があり、大変危険です。


ご自宅に帰ってみて、あるいは周りを見回して、自分の怖れや不安が顕れているもの
があるなと気がついたら、それをポジティブなものに変換できないかどうか考えて
見て下さいね。特に玄関が楽しい、嬉しい気で溢れているなら、『ネガティブなエネ
ルギーが玄関から(窓から)入らないようにする』なんて心配はなくなります。


実に、私がマークが推奨する風水のコンセプトが好きなのは、このような不安や怖れ
にフォーカスして家の中を見ないこと。それよりもっと自宅の中にバランスを取り戻
すことに焦点があたっています。そういった意図から発しているためか、ちょっとモノ
を動かして小さな変化しか起こしていないハズなのに、驚くほど心地よい空間と変化
が生まれてきます。

ということは、風水だけではなく、何か行動を起こすとき、意図がとても大切にな
るってことでもあります。


それではまた!


(有)テンプルビューティフル メルマガ517号 2014年1月10日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up