エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

自己紹介

(有)テンプルビューティフルの店長

実兄で、日本エドガー・ケイシーセンター会長をしている光田秀が、エドガー・ケイシーの真面目な研究家であり語り部であるなら、妹の光田菜央子は、エドガー・ケイシーのミーハーな実践家であり、単なるおもしろがり屋である。

家族のバックグラウンドとして、テレビはNHK、新聞は朝日新聞、週刊誌は朝日ジャーナルを愛読、神も霊も存在しないという超保守的で頑固な父親の元で育ちながら、幼少の頃から UFOや幽霊話などの見えない世界の話が大好き。宗教的バックグラウンド・ゼロの家庭なのに、何故か、ひそかに輪廻転生を確信しつつ育つ。

中学から大学までは、本多勝一や立花隆、鎌田慧などのルポルタージュといった本を愛読。とにかく事実を追い求めること、世界で何が起こっているのかを知るのが好きだった。20代初めに読んだシャーリー・マックレーンの「アウト・オン・ア・リム」をきっかけに「精神世界」という世界を知る。

弁護士事務所や司法書士事務所などの法律畑の事務スタッフ、不動産の営業といったかたい仕事を経て、1992年、29歳のときからケイシーの世界観で生きることに目覚める。29才11ヶ月で参加したアメリカ、 ARE(エドガー・ケイシー財団)へのツアーにおいて、エドガー・ケイシーの遺したリーディングを学術的に研究している大学院や教授たちの存在に深く感銘を受け帰国。翌1993年春にスタートしたNPO法人日本エドガー・ケイシーセンターの設立及び運営に携わるようになる。

約2年間、日本エドガー・ケイシーセンターで、フルタイムながら給料3万円のボランティアスタッフとしてをセンターの仕事に従事したのち、1996 年、東京の高円寺にテンプル・ビューティフルをオープン。エドガー・ケイシーがリーディングですすめた、ひまし油やマッサージオイルなどのボディケア商品を通信販売しながら、ケイシーの医療リーディングやホリスティック医療を日本に普及するためのオフィスを作る。

1999年には世田谷区奥沢に移転し、ケイシー製品専門ショップをオープン。

2006年3月、(有)テンプルビューティフルとして会社登記。

2009年7月、横浜都筑区に移転。現在に至る。

広島県出身、双子座

光田菜央子のインタビュー記事や、設立当時の逸話などはこちら
http://www.caycegoods.com/ml-09.cfm
http://www.caycegoods.com/ml-08.cfm

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up