エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0739:イチローの引退会見

0739:イチローの引退会見

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
     ◆◇◆     イチローの引退会見      ◆◇◆ 739号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。


イチローさん、現役引退されましたね。

多くを語らず、もくもくと自らの精神と肉体を鍛え、変化させ、より高みを目指される姿に
刺激を受けたり励まされてきた方も多かったのではないでしょうか。

イチローさんの引退インタビュー、すでに新聞やネットのニュースなどで読まれているか
とは思いますが、ケイシーの言葉とリンクするなぁと思った部分を今日はご紹介したいと
思います。


質問)
イチロー選手の生き様でファンの方に伝わっていたらうれしいということはありますか。

イチロー)
生き様というのは僕にはよくわからないですけど、生き方と考えれば、さきほどもお話
しましたけれども、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

あくまで測りは自分の中にある。それで自分なりにその測りを使いながら、自分の限界
を見ながらちょっと超えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの間
にかこんな自分になっているんだという状態になって。

だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。
一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられ
ないと僕は考えているので。地道に進むしかない。進むというか、進むだけではないですね。

後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると
決めたことを信じてやっていく。

でも、それが正解とは限らないわけですよね。間違ったことを続けてしまっていることも
あるんですけど。でも、そうやって遠回りをすることでしか本当の自分に出会えないと
いうか、そんな気がしているので。

そうやって自分なりに重ねてきたことを、今日のゲーム後のファンの方の気持ちですよね。
ひょっとしたらそんなところを見ていただいていたのかなと。それはうれしかったです。
そうであればうれしいし、そうじゃなくてもうれしいです。あれは。

~ 引用おわり ~

引退会見前半
引退会見後半
ディー・ゴードン内野手(30)が出した全面広告



このイチローさんの言葉を聞いて、ケイシーのリーディングを思い出された方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

私はこんなリーディングを思い出していました。



『ここに少し、そこにも少し、という風に、実際に、個人的に活動を積み重ねていく
ことで、成長することが出来るのである』(262-6)


『なぜなら、主が言われたように、われわれは手元にあるものを使いつつ、少しずつ、
一歩一歩、教訓に教訓を重ねながら、成長するのである。 そして、手元にあるものを
使うことで、知識と理解が与えられる。 手元にあるものを使うことで、より多くのもの
が与えられる』(452-6)


Q)ここ最近の2回か3回の転生で、いくらかでも進歩がありましたか?  
A)『前進するにしろ後退するにしろ、そこには進歩がある! 大切なのは動くことだ!』 
 (3027-2)


Q)(以前のリーディングで)「後ろを振り返ってはならない。ロトの妻を思い出すが
よい」と言われましたが、どうかこの言葉が意味するところをお教えください。

A)『常に前を向く、ということである。それというのも、人が光に向かっている限り、
影は後ろに落ちるほかはなく、その人の成長にとっての障害物になることもないからで
ある。 思うこと、思考とは物なのであり、体験した過去は、より高いものへ向かうため
の踏み石として用いることができる。その一方で、後ろを向くことは人を躓かせる原因
ともなり、それはまさに、霊的生命よりも肉を満足させるものを慕って、後ろに残した
ものをロトの妻が見つめたごとくである』 262-28


here a little, there a little という言葉は、リーディングの至る所で言われています。
もともとは聖書にある言葉だったんですね。

今日明日の小さな努力は、すぐに結果として表れてこなくても、それが1年後、10年後
には、大きな変化となってあらわれてきます。

例えば、歩くこと、食べること、寝ることだけでも、良い習慣を日々積み重ねていくこと
で、1年後には、大きく変わった自分を発見すると思います。


3歩進んで2歩下がりながらも、何か「動いて」みませんか。

それでは、また



(有)テンプルビューティフル メルマガ739号 2019年4月5日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up