エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0686:エーテル体をメンテナンスする不思議な装置

0686:エーテル体をメンテナンスする不思議な装置

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
        ◆◇◆  エーテル体をメンテナンスする不思議な装置   ◆◇◆ 686号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

大阪、名古屋、長野では、ケイシーをテーマにした『リーディング』の上映日程が延長と
なり、ケイシー関係者として、なんだか嬉しいこの春です。

白鳥監督が映画の予告で「リーディングの成果は、ここ数年日本で現れている」と云われ
ていましたが、日本国内でのリーディングの翻訳と研究が進み、以前ははっきりと言語化
できていなかったものが、少しずつ具体化されたり解き明かされるようになりました。

その1つが《インピーダンス装置》について。

過去のメルマガで、私はインピーダンス装置は「身体の電気的エネルギーを調整する」
もしくは「エネルギーバランスを整える」と紹介していましたが、昨年のケイシー講座で
インピーダンス装置の解説があった際には、「身体のエーテル体を調整する」と具体的な
説明になっていました。


エーテル体についてご存じない方にざっくりご説明すると、
私たちの身体は、目に見える肉体だけではなく、エーテル体、アストラル体、メンタル体、
コーザル体というエネルギー体も存在している、と言われています。

半分に切ったはずの葉っぱや、シッポが切れたトカゲを特殊なカメラで撮影すると、切り
取られて存在しないはずの葉っぱやシッポがの幻影が何故かはっきり映っている、という
写真をご覧になったことがあるかもしれません。それは可視化されたエーテル体だと言
われています。

エーテル体と肉体は異なる周波数で重なっており、肉体的な病気が始まる数ヶ月前から、
実はエーテル体にはその病気の兆候が現れる、と考えている予防医学の専門家医もいます。

参考文献:バイブレーショナルメディスン


そのエーテル体のエネルギーは流動性が高く、人と人との間で交換したり、モノに宿ったり
もします。

何かに感動したり、心豊かに人と交わる、あるいは聖地や聖者のエネルギーに触れることに
より、自分のエーテル体は霊的に高まっていきますが、反対に波動の低い場所や人と会うと、
その低いエネルギーとの交流が起こり混じりあってしまいます。

ですから、自分がどこに行き、どんな人たちと交流をするのかは、とても重要になります。

時々、人のエネルギーを吸うタイプの人が存在しますが、あれはエーテル体を吸っているん
だろうなぁと思ったりします。
(こちら参照:睡穴(すいけつ)タイプには要注意 )


ケイシーによれば、本来であればしっかり繋がっているはずのエーテル体が肉体からずれて
しまうことが認知症の要因の1つになるそうで、エーテル体のメンテナンスは、ある程度の
年齢になったら、重要になります。

さらにエーテル体は、私たちの循環器系、神経系と密接に関わっているので、この装置を
使うことで、循環器系、神経系の不調がだんだんと整ってくる、というわけです。

インピーダンスは、ケイシーがリーディングでその製造方法を述べた、ケイシー由来の装置
なのですが、目に見えないエネルギー体の調和を取り戻すことによって、肉体の調和が起きて
くる、という、まさにホリスティックな装置。

装置自体はとてもシンプルな構造で、ガラス板をはさんだ2本の炭素棒を中央に設置し、
その周りをチャコール(炭)で覆ってあります。

大きめの電池のような形ですが、電気ではなく、この装置を使っている人のエーテル
エネルギーを溜め、それをまた本人の身体に戻す、ということを行います。
*2本のケーブルで装置と身体を繋げます。

どういうふうに働くかというと、エーテル体のエネルギーが過剰になっているところがあれば
そのエネルギーをいったん装置が吸収。今度は不足しているところに流れていきます。

4回をワンクールとして使い、プラスとマイナスが身体を巡回している間に、身体に生じて
いたエネルギーの過不足が調整され、身体全体の調和がとれていく、というわけです。

例えば、右腕、左腕で血圧を測った際に、左右で数値に差があるような方には、この装置を
使うことで左右の血圧がだんだん同じになってきます。


私たちの微細なエーテル体のエネルギーを扱う装置なので、使い方にちょっとしたコツが
あります。

1)使用する前、氷水を入れた容器に15~20分程前から漬ける。
 氷水につけることで装置が活動を始めます。

2)装置に差し込んだ赤と黒のケーブルを手首、足首に取り付けて使います。装置自体が
使用者本人のエネルギーを帯びてくるので、装置もケーブルも使用者専用になります。
家族や夫婦であっても共有はしません。またケーブルも使用者本人が接続することを
オススメします。

3)この装置は、使用前の状態ではプラスもマイナスもなくニュートラルな状態になっています。
赤と黒の端子がついていますので、初めて使うとき、最初にケーブルを接続し、身体に装着した
側がプラスに稼働し始めます。

装置を初めて使うときは、まず最初に赤い端子に赤いケーブルを差し込んで、赤い方から身体に
装着し、「常に赤を先」に接続することをオススメしています。そちらがプラスになります。
*もし一番最初に黒い端子にケーブルを差し込み、黒いケーブルを身体に装着したら、黒端子
がプラス側になるので、常に黒を先に使うことになる。

4)エーテルの精妙なエネルギーを循環させる装置なので、身体に取り付ける極板がキレイで
あることも重要。使用前後で紙やすりで軽くこすり、極板に生じた酸化物質や脂などをキレイに
しておきます。

5)取り付ける場所は、手首、足首の脈が感じられるところ。脈を強く押さえないよう、でも、
しっかり装着します(マジックテープで着けます)。

6)使用時間は、約1時間。穏やかなゆったりした気持ちでリラックスして下さい。

最近、私は早起きして瞑想をし始めました。
せっかくなのでインピーダンス装置も・・・と久々に使い始めていたんですが、制作者の中田さん
に「20分間では短すぎます。1時間はやって下さい」と注意を受けてしまいました(苦笑)。
中田さんは、夜、横になって使っているそうです。

7)赤と黒のケーブルは可能な限り交差しないよう注意します。
そのため、寝ながら行う場合には、1時間後にアラームをかけ、熟睡する前にケーブルを取り
外し、再度寝ることになりそうです(ベッドより床の上で横になった方がやりやすい)。

8)使用後は、極板を紙やすりでこすり、赤と黒のケーブルを別々の袋に入れて保管します。


ケイシー自身「この装置は使っても何も感じないだろう」と言っているくらいで、使い続ける
モチベーションのキープが一番の課題になる装置ではあります(再び苦笑)。

しかし、この装置は長く使えば使うほど、その恩恵があるので、出来たら半年は続けたいもの。

これまで使われたお客さまの声としては、
疲労感がとれる、瞑想が深くなった、夢が変わった、認知症の症状が軽くなった、学習障害の
子どもの様子が改善した、長年の自殺願望が消えた など、様々届いています。

私自身は2ヶ月の使用が最長で、いつも途中で使わなくなってしまうので、今回は記録を多少
なりとも伸ばしたいところです! 断続的でも継続できるよう頑張ります!
(ひまし油湿布を3日やって、残りの4日間にインピーダンスを使っている、という方も
いらっしゃいました。とてもケイシー的な1週間ですねー)


インピーダンス装置を勧めたリーディングは956件もあります(ひまし油湿布を勧めた回数
より300件も多い!)。

せっかくケイシーを知ったのに、そのケイシーが、956件のリーディングで勧めた装置を体験
せず一生を終わるのはもったいない! 

また、装置を買ってはみたものの、数回使ってそのままになっている、という方もいらっしゃる
はずです(私もそうでした)。

ということで、装置が眠っているという方はぜひゴソゴソと引っ張り出して、再挑戦下さい!
長期間眠っていたものは、1度、使用前に日光にあてて使われると安心です。
(今の時期は1~2時間、夏場は5~10分程度)


インピーダンス装置のご注文はこちら 1台 35,640円
*商品の性質上、ご購入後の返却、交換はお受けできません。


◎もう自分は使わないので、装置を友人に譲りたいという方は、いったん分解して中身を
メンテナンスすることで、他の人に使ってもらえるようになります(日本製のみ)。
その場合には、制作者の中田さんにご相談下さい。
(分解メンテナンス費用:5000円+送料実費)

 中田さんの連絡先 nakada-y@white.plala.or.jp 電話:049-292-8265
 中田さんのインタビューはこちら


(お願い)
浄化目的で時々、装置を日光に当てるよう勧められていますが、数ヶ月から半年に1回
ほどで大丈夫です。また真夏、直射日光に長時間当てることは内部の劣化に繋がり
ますので、夏場は5分から10分以内位に。
制作している中田さんによると、装置のためには、真夏は日光に当てなくて良いくらい、
だそうです。


《インピーダンス装置についてのケイシーリーディング》

人によっては個別の使い方を指示されたものもありますが、シンプルで汎用性のある方法を
テンプルではご紹介しています。

『・・・というのはこれらが、われわれの見るところ、身体組織のすべての部分に均衡化を造り
出すからである。そしてこれまで述べてきたように、身体組織へこれらの波動を適用するため
には、この装置はこの体のためだけでなくすべての人のために望ましいであろう  』195-34

『循環を均等化させるために、毎週少なくとも2回か3回、放射活性装置からの波動を(互いに
反対の)手足に対して用いる必要がある。 これらの波動を生理中に用いるならば、骨盤臓器の
流れと活動のバランスが良くなるだろう。』295-10

『われわれの見るところ、インピーダンス装置を使用することで、眼、聴覚、喉の状態--
ここはときどき風邪や充血がみられる--が大幅に改善するだろう。ただしインピーダンス装置
を一貫して使用することが前提である。』416-9

『体の状態は非常に良好である。これらの変化を通じて(つまり閉経が始まろうとしてい時期に)
体がそれ自身を調整しようと試みているがために、そのような乱れが生じている。 我々の見る
ところインピーダンス装置を使うことで、この人には大きな益がもたらされるだろう。』601-6

『インピーダンス装置を毎日、少なくとも45分から60分使用する。 効果については何も、
あるいはほとんど感じることはないが、徐々に――そのような装置によって――身体系の活動に
変化が生じるようになるだろう。』1104-1


★インピーダンス装置について書いたメルマガバックナンバー★

『ケイシー考案の不思議な装置』
『瞑想のおとも』
『身体と怒りの深い関係』
『身体の波動を整える』
『ケイシー流認知症予防』
『クリスマスには瞑想を』



それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ686号  2018年4月6日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up