エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0681:白鳥監督インタビュー

0681:白鳥監督インタビュー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ◆◇◆  白鳥監督インタビュー    ◆◇◆ 681号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。


ヒカルランドから『エドガー・ケイシー療法のすべて(1)』が出版されました。
これは6冊シリーズの第1巻目。
1巻目のテーマは 皮膚疾患(乾癬、アトピー、湿疹等)とエドガー・ケイシーの生涯。

現代医学で完治が難しいとされるアトピー性皮膚炎や乾癬に、西洋医学とは全く違う
角度からアプローチしていきます。

*Amazonから入手テンプルに注文(別途送料がかかりますので、他の商品とご一緒にどうぞ)

★この本に興味を持たれた方は、こちらも是非!
 書籍『自然療法で「乾癬」を治す』
*ケイシーがスキンケアに勧めたニレ茶やサフラワー茶、講演DVDもご一緒にどうぞ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日から劇場公開が始まる映画『リーディング』。
今年のお正月明け、白鳥監督にお会いして、映画について、ケイシーについて、意識に
ついて、熱く語っていただきました。

その約2時間のインタビューをアップしました。

映画制作に関するエピソードもたくさんお話し下さったのですが、やはりテンプルのお客様
は健康への感心が高いこともあり、肉体にあらわれている症状や不調は、私たちの記憶、
意識と深い関連がある、影響を受けている・・・。

そういった内容の部分をご紹介します。


~以下、インタビュー7ページ後半部分から~

白鳥
絶望の淵を泳ごうと、いつも思っています。脳腫瘍だと告知を受けたとき、そう思い
ました。ここまで落ち込む出来事はそうないですから、絶望の海も泳ぎきると開き直り
始めます。

そうすると自然に這い上がっていけるんですね。だから負のものほど受け入れると、
解消したときに光をキャッチしやすくなることも学びました。負も喜んで受け入れる
ことが、その時からできるようになりました。

傷つく出来事があったら、傷ついたことに身をおいて感受性を高めて、それを許し
手放せたら次に見えてくるのは意識の学びです。意識の領域が広がっていくので「あ、
学ばせてもらったんだな」と、また気づくんですね。

脳腫瘍の原因となった過去の意識をどんどん浄化していくなかで、過去生療法も体験
しました。

前世の自分がライオンに襲われ、そのライオンの歯が当たっていたところに脳腫瘍が
できていたんです。襲われたときの恐怖心を完全に受け入れ、今度は襲ったライオンに
なってみることで彼が自分を襲った理由が理解ができ、恐怖心もなくなりました。

ですから、どんなに負に思えることにも、必ず自分の中に答えがあるんです。それが
分かれば、人のせいには出来ません。全て自己責任なんです。


テンプル
その過去生がどれほど前のことなのか分かりませんが、白鳥監督として生まれた今生の
前にも、いくつもの人生がありましたよね。その人生の時に脳腫瘍になってもよかった
のに、今回の人生でその過去生が浮上し脳腫瘍になった。
それについては何か意味を感じられていらっしゃいますか?


白鳥
あの時、決意したのは、今回の人生で全部解決したい、解決して地球を早く卒業したいと
いうことでした。どうせ死ぬんだったら、全部カルマを解決して今回の人生を終えたいと
思ったんですね。だから気づくチャンスが生まれたんだと思います。

そうやって自分の問題を解決していったら、今度は親の問題が自分に影響してきている
ことに気づきました。

脳腫瘍の時に顎が腫れて、二重顎になったことがあります。波動で調べたら、『おたふく
風邪ウイルス、インナーチャイルド、母親との関係』が測定で出ました。お腹の中にいた
時、母が百日咳になったのが、今ここに出ている。そう結びつきました。

それで母に聞きました。「もしかして僕がお腹にいる時、百日咳にかかったことない?
よかったら、その時の気持ち教えて」と。母が「何で知っているの?」と言いながら、
当時、祖父母が強くて、言えない感情を抑えていたと教えてくれました。

言えない感情が百日咳になっていたわけです。なので母に「辛かったねぇ」と、その時の
母を肯定しました。「お母さんが辛いのは当たり前だし、そうなるのは仕方がないよ。
そんな思いをさせてごめんなさい。おじいちゃん、おばあちゃんに代わって謝ります」と
心から母に謝りました。翌日です、その顎の腫れが消えたのは。

自分の中ではっきりしたのは、母の感情が自分の中にある。量子レベルでは繋がっています
から、母の感情も影響しているし、それも自分の問題なんです。だから、心からの許しに
変えました。すると解決していった。

母がそうなら父のもそうだと、父が抱えていた問題も受け止めるようになりました。
先祖の問題は背中に出やすいです。


テンプル
会ったことのない先祖の問題はどうやって解消してるんですか?


白鳥
それが何代前のご先祖様の感情なのか、ヒーリングを学んだので自分で調べたり調整できる
ようになりました。それを使ってご先祖様を調査し、許すことを始めました。


テンプル
監督は、オープンハートに本当にいろんなことをチャレンジされましたよね。命がかかって
いたということもあるでしょうが、人によっては、こんなことで治るはずがない、最初から
斜めに構えたり無理だと思いながら実践してしまうことがあります。でも、白鳥監督は
全てに委ねる姿勢があった。だからこそ返ってくるものも大きかった。


白鳥
そうさせてもらったのは七田眞先生との出会いだったと思います。『魂の教育』は七田
先生の映画でしたが、先生は余命三ヶ月の申告を受けた時、寝ていた布団をたたんで
身体を鍛え始め、代替医療をどんどん試し始めました。

私は先生の映画を撮っていましたから、先生がやれたなら自分もそれでやって行こうと
思ったんですね。


テンプル
良い順番で、と言うと変な言い方ですけども、様々な体験を積まれた後で病気になったと
いうタイミングも絶妙ですよね。

さて、今、監督は祈りやヒーリングの講座を持っていらっしゃいますよね。それはどの
ような講座なんですか?


白鳥
自分の体を治す過程で意識が肉体に影響していることをつぶさに経験しました。
怒りの波動はカルシウムを沈着させやすくし、血糖を上げ、最終的に肝臓を痛める傾向が
あります。悲しみの波動は最終的に肺を痛める傾向があります。抑うつは胸腺を痛める
傾向があります。固執すると肛門を痛める傾向があります。

自分が脳腫瘍になった時に、痔がでたことがあります。肛門なら原因は固執です。何に
固執したのかと自分で過去の経験をさかのぼって行き、あの時、固執が始まったんだと
気づくんです。小学校4年の時にあんなことがあったと。


テンプル
そんな昔まで遡ったんですか。


白鳥
兄が優秀だったので、親は兄に向かって「すごいね」といつも言っていました。それを
聞いて、僕も褒められたいと固執したんです。そうやって固執してたものに気がついて
自分に言ったんです。もう褒められなくていい、その選択はしなくていいよと。
翌日です。お尻の痛みが引いたのは。


テンプル
え~!人間の身体って本当に不思議ですね。そこまでピンポイントで原因に気がつく
のも凄いです。それも将来のために準備されていたことだったんですかね。


白鳥
その過程でキャッチ出来たものがあります。
意識は人間関係に影響をするか、意識はどうやって親から繋がってきたのか。どうして
今、こういう現象が起きてるのか。意識をどうやって変容させると現実が変わるのか。

意識はイメージを使います。過去の自分に戻るなんてイメージじゃないですか、イメージ
でもちゃんと記憶が残っているんです。

記憶、カルマとしてのその情報を解決できれば、現実は塗り替えられます。ケイシーは
カルマとは記憶だと言っていますが、まさしくそうなんです。記憶を変えるのは許し、
理解なんです。

最終的に愛に変えたら、その記憶は次元が上がります。それを自分で体験し、積み重ねて
きたことが、最終的にいつのまにか自分独自のものになっていきました。


~以上引用おわり~



白鳥監督のお話は、ご自身の体験がもとになっていますので、とても説得力があります。

これ以外にも、

何か問題が起きたら、自分のどこにその問題を引き起こす要因があるのかを謙虚に見つめ、
自分を浄めていくことで状況が変わっていく。

映画制作中も、起こった問題は自分の心の反映ととらえ、自分が純粋に祝福の水路となって
映画を制作できているかどうか、魂の視点で自分を省みていた・・・。

医師に手術を勧められていた鼻腔の膿が、体内浄化と暗示療法で完治した。

意図しながらひまし油湿布をすると、映画の次の3分間の構成が「視えてくる」ように
なった...。

など、興味深いエピソードが盛りだくさんです。


長文のインタビューですが、ぜひお読み下さい。
白鳥監督のインタビュー全文はこちらから



★先月、書籍『超リーディング』をご紹介したときは、監督のひまし油についての体験談
を抜粋しています(メルマガ675号)。
重複した内容ではありますが、こちらも興味深い内容です。


その他のインタビューはこちらでお読みいただけます。
1~20回まで
21回以降と、No.16.17(短く抜粋しています)


★書籍『エドガー・ケイシーの超リーディング』は、出版社での再版予定が今のところ
無いそうで、テンプルでも現在の在庫が終わったら入荷が無くなってしまいます。
 *今、出版社に再版をお願いしています・・・。
 まだお読みでない方は、早めに入手下さい。1960円です。

*テンプルから入手する(別途送料がかかりますので、他の商品とご一緒にどうぞ)
*Amazonから入手する


それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ681号 2018年2月23日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up