エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0678:不思議なご神託化粧品『エーデルワイス』

0678:不思議なご神託化粧品『エーデルワイス』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆◇◆ 不思議なご神託化粧品『エーデルワイス』 ◆◇◆ 678号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

明日から、もう2月。2月といえば、ケイシーの映画上映がスタートする月でもあります。
白鳥監督の事務局のブログに、昨年末開催された試写会の舞台挨拶の動画がアップされ
ていました。セイン・カミュさんのご挨拶もありますよ。ぜひご覧下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

世の中には神様との直通電話をもっているような方が何人かいらっしゃいます。今日、
これからご紹介する基礎化粧品『エーデル・ワイス』を開発されたアコさん(榊原恵子
さん)もその一人。

一緒にいると、あまりの天真爛漫ぶりに日常生活が心配になるくらいなのに、実はいくつ
もの会社を経営する実業家。さらに、日本にいるときには某神社の、しかも神力の高い
宮司として活躍されていました。

数年前、イスラエルの公認ガイドのバラさん(榊原茂さん)と再婚したこともあり、今は
イスラエルと日本を行ったり来たりの生活をされています。

私は数年前のイスラエル旅行でアコさんと初めてお会いしましたが、なんでもバラさんと
アコさんの再婚に私が陰ながら貢献していたそうで(しかも遠い昔、私はバラさんアコ
さん夫妻の息子の嫁だったらしい…笑)、会ったその日から仲良くさせていただいて
います。


さて、そんなアコさんがなぜ、基礎化粧品を開発することになったのか・・・。

アコさん、お肌の曲がり角は35歳だったそうですが、そのあたりから極度の乾燥肌、
極度の敏感肌に。どんな化粧品を使っても肌荒れしてしまう。経済的には恵まれた立場
だったので国内外問わず、ありとあらゆる化粧品を取り寄せ、試してみるもののどれも
肌に合わない。

有名メーカーの値段のお高い化粧品を使っても、オーガニックコスメを使っても、
皮膚科の先生が監修した、皮膚科の先生が勧めている、など、すべてダメ。つけたとたん
に顔がボコボコに腫れて、あわや救急車で運ばれる寸前になったこともあるほど、基礎
化粧品には苦労していたんだとか。

結局は、日本酒を化粧水代わりに使っていた時期があるほどで、自分の肌にあう化粧品が
ほしいと思っていたそうです。

そんな数年前。

アコさん、スタッフの女性と伊勢志摩に旅行に行きました。
ホテルにチェックインすると「朝6時からの伊勢神社の参拝ガイドします」と案内が出て
いたので、日の出と伊勢神宮もいいわねーと早速申し込みました。

翌朝、早朝ゆえ、参拝者も少ない内宮のご正殿の前に跪いて「神様~。化粧品作っていい
かしらねぇ」とお伺いをたててみたそうです。

神様からの返事は「イスラエルと日本を結んで作れ」と。
*ご神託を受け取ったのが、ダビデの紋章のある伊勢神宮というのも面白い符号です。


返事は受け取ったものの、こういう場合、アコさんはいつも神様に「証しを見せてほしい」
と頼むそうで、この時も「では証しを見せて下さい」とお願いしました。

すると、風のない朝だったにもかかわらず、突然、正殿にかかっている御幌(みとばり)
が、目の前から消失してしまったかのように上に持ち上がり、そのまま下りてこない。
そして神様から「写真に撮れ」とのお達しが。

御幌がどんなものかはこちら(6番)をご覧下さい。


ご存知のように、正殿前は写真撮影は禁止です。アコさんもそれは知ってました。
でも、人間が作ったルールと神様のご指示と、どっちを選ぶかというと、もちろん神様
のご指示なわけで、アコさん、カメラを正殿に向け1枚パシャリ。

慌てたのは一緒にいたガイドさん。「あ、だめです、写真は…!」と注意したものの、
ガイドさんも目の前に起こっていた出来事に目が点。

こんな正殿の様子、長いガイド生活の中でも見たことがないわけですから。
そしてこんなやり取りをしている間も、御幌は一向に下りてこない。

ならば「私も一緒に祈らせていただきます」ということになり、ガイドさんも横に跪いて
しばし3人で御幌が消えてしまった正殿を茫然と見上げていたそうです。


そして4年前、イスラエルでのこと。神様から「エーデルワイスで作れ」とのご神託が。
しかも一般に出回っているような花の抽出エキスではなく、茎も入ったエキスを使った
化粧品を作れと。

「世界中を探したけど、もう、神様がおっしゃるようなエーデルワイスがなくてなくて、
それを見つけるのが大変だったのよ~」とはアコさん談。
スタッフの方が、かなり苦労して探されたそうです。

★エーデルワイス成長点細胞培養液(商品パンフから)
エーデルワイスは、スイスのアルプスなどに咲く高山植物。ドイツで「高貴な白」という
意味を持つこの花は「アルプスの女王」とも呼ばれています。標高1500~3400mの山岳
地帯の過酷な環境下で紫外線の強さや昼夜の寒暖差にも耐えることで、強い抗酸化力を
持つパワーあふれる植物。高地で生き抜くためのコラーゲンを保護する力が優れています。
エーデルワイス成長点細胞培養物は、エーデルワイスの芽や根、茎の細胞を用い、生態系
や環境を考慮した革新的で持続可能な抽出方法で抽出されています。


そして、アコさん、1つ神様にお願いをしていました。
「咲いているエーデルワイスを見たい」と。

神様の答えは「叶える」だったのですが、ヨーロッパに旅行する予定もないし、どこで
神様はその願いをかなえて下さるのかしらと思っていたある夏、アコさんはブータン旅行に
参加しました。

ツアー中、4000m級のところまで車で上がる人、街に出る人の2班に分かれて行動する日が
あったのですが、車で上がれるならそっちの方がラクチンとアコさんは4000mの山へ。

その日は深い霧が立ち込め、まるで牛乳の中にいるような状態。

ところが、3900mで降り、4000mまで歩いて上がったとき、急に霧が晴れていきました。
見えてきたのは、一面にエーデルワイスが咲き乱れる草原!

歓喜の声を上げたのは言うまでもありません。

それからは行くところ、行くところ、エーデルワイスに追っかけられるような日々。
全部のエピソードを紹介していたらメルマガが終わらなくなってしまいますが、例えば、
ある日、友人が東京でアコさんとランチを食べていた時のこと。

いつしか話題は「ナオコさんはどうしてる?」と私の近況になったそうです。すると、
カフェのBGMでかかり始めたのが「エーデルワイス」!
その時のアコさんの興奮ぶりが想像できます。


エーデルワイスで化粧品を作れ、というご神託をイスラエルで受けてから4年。
完成するまでに経てきた物語や不思議話は実はもっとたくさんあるそうですー。

1つだけご紹介すると、

2年くらい前でしょうか、1度、もうそろそろ出来上がるわよーと連絡をもらっていた
ことたあります。実際、その時には1000本ほど製造していたのだそうです。

ところが、工場から製品が届いたところで、神様から届いたメッセージは
「これは売ってはならぬ」。

それなら、製造する前に言って下さいよ~と言いたくなりますが、イスラエルと日本で
交わしていたやり取りでは細かいところまで確認できてなかったところがあったようで、
あとでアコさん「なるほど、神様がダメっておっしゃったのも理解できる」と思われた
んだとか。

とはいえ、1000本分の請求書は届くわけで「どうするのよ~」と途方に暮れていた
ところ神様から「千を渡したから安心せよ」とのメッセージが。

千って、1000万円ってこと? と日本の会社に電話して「神様、千っておっしゃって
いるんだけど、千って何かわかる?」とスタッフに話すと、スタッフ驚く!
ちょうど、本業の仕事に、大手の取引先から1000万円の振込があったばかり!
無事支払いができたのは、神様の大きなお働きがあったおかげなのですねー。


神様すごい!


さて
この度、出来上がったエーデルワイスは、化粧水と美容液が1本になったファースト
エッセンスとエッセンスオイルの2本のセットになっています。

この2本がミントグリーンの引き出し式の箱に収められています。
実は、この箱の色もサイズもパッケージに描かれているエーデルワイスの花の色も、全部
神様のご指示なんだとか。
旧約聖書に登場する神様並みの細かい指示だと、私は聞いていて笑ってしまったんですが、
ご神意は細部に宿るんですねぇ。


また、このエーデルワイスは、イスラエルで出会った人を通して販売してもらうように…
との神様から指示があったそうで、アコさんとも縁の深い5名が全国から選ばれ、テンプル
もご指名いただいた、というわけです。

またアコさんは、月の満ち引きをとても大事にしているそうで、ブルームーンの今日が発売
開始日に(今夜は、スーパーブルー・ブラッドムーンと皆既月食が起きるそうです)。



製品完成のお手紙が届いたのがついこの間。サンプルが届いたのも、つい先週。

それなのに発売開始は今日と、人間の都合を超えたところで物事が進んでいくので、慌てて、
発売開始をお知らせしているわけですが(笑)、化粧品の紹介なのに、なぜか神様ばなしが
続くのも、テンプルらしいというか、この製品らしいというか…。


ともかくも、そんな経緯の中から生まれた製品なのでした。

というわけで、ようやく製品紹介を…。

ここまでお読みいただいた皆さん、お付き合いありがとうございます。


さて、エーデルワイスは、
「ファーストエッセンス」(美容液+化粧水)100ml
「エッセンスオイル」(美容オイル)30ml
の2本を使い、乾燥肌、普通肌、脂性肌、それぞれご自分のお肌の状態にあわせ使用して
いただくよう設計されています。


「ファーストエッセンス」
室戸の海洋深層水をベースに、エーデルワイス成長点細胞培養液を5.5%含有。
ミネラルやアミノ酸、ビタミンや酵素を豊富に含む、話題の美容成分フルボ酸も使われて
います。

「エッセンスオイル」
スクワランオイルをベースに、4種類の「ヒト型セラミド」を配合。
角質層を守り、うるおいをキープします。

*どちらもアルコール(エタノール)、シリコン、パラベン不使用。無着色、無香料です。
*この製品は、日本の海洋深層水発祥の地「室戸」でダイレクトに海洋深層水を供給でき
る世界的にも希少な環境のもと、作られています。

長年自分の肌にあう基礎化粧品がなかったアコさん、この製品開発にあたり、ようやく
自分が使える化粧品ができたと、毎日欠かさず使われています。

昨年秋に、アコさんはインドツアーに参加されていましたが、あのインドの厳しい環境の
中でも日焼け止めもつけず、ファンデーションも塗らず、このエーデルワイスだけで過ご
していたそうです。

それなのに、なんと、驚くなかれ。全く肌ダメージがなかったどころか、旅のメンバーに
「なんでそんなにお肌がキラキラ輝いているんですか?何の化粧品を使っているんですか?」
と聞かれたほどで、インド旅行に一緒に行った女性陣の中には、今日の発売日を指折り
数えて待っている方が何名もいらっしゃるんだとか。

ちなみに、アコさんは80代!
その80代の肌が、すっぴんでもキラキラ輝いて他の女性の羨望の的となる、というのは
なんとも羨ましいではありませんか!

ちなみに、ずっと開発に携わっていた会社のスタッフさんも、使い続けていたら皺が無く
なってきたそうで、加齢に悩む年代には救世主となる1セットかもしれません。

私自身の体感としては、肌なじみがよく、エッセンスは肌につけると、スーッと肌細胞
に溶け込む感じ…。オイルとあわせてもサラリとしており、肌に余計なものを入れない
安心感もありますね。
肌にたくさん何かをつけるのが苦手な私は、このシンプルさも嬉しいです。


このエーデルワイス、決して安い製品ではありません。
ですから、ある程度、自分の肌に投資ができる、金銭的にも精神的にも余裕のある
世代向けとなるかもしれません。

肌が変わり始める更年期世代
アコさんのように80代になってもずっと輝いていたい
様々な肌トラブルに悩んでいる

そんな方は、ぜひ一度お試し下さい。

敏感肌には100%大丈夫だとはお約束できませんが、市販の化粧品よりは安全に
お使いいただけるのではないでしょうか?


なんといっても、神様の細かい指導のもとできた化粧品ですから(笑)、もう人知を
超えています。

まずは1セットご購入になり、ご自身のお肌でお試し下さいー!


【エーデルワイスパーフェクション】
ファーストエッセンス、エッセンスオイルのセット 22,680円
本日、10時より発売開始!



ちなみに、1セットでどれくらい持つか・・・ですが
お肌の状態、使用頻度によって差がでてくるようです。
アコさんは乾燥の激しいイスラエル在住ですから、1か月以内で使い切るそうですが、
3か月間十分使えた、という方もいらっしゃるそうです。



それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ678号 2018年1月31日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up