エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0629:ハートフルネスで生きるコネクション・プラクティス

0629:ハートフルネスで生きるコネクション・プラクティス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◇◆ ハートフルネスで生きるコネクション・プラクティス ◆◇◆ 629号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

コネクション・プラクティス(以下、コネプラ)という言葉、初めて耳にした方も
多いと思います。一言で説明するのはなかなか難しいのですが、大ざっぱにいうと、
愛とともに内なる自己と繋がり、人と繋がり、そして無限の叡智と繋がるシンプル
なメソッド。

ハート(心臓)に意識を向ける、というのは大事なポイントです。

ここ何年も、脳が人間の全てを司っており、脳機能をいかに高めるかを主眼とする
脳科学がブームになっています。しかしコネプラでは、人間のメインの司令塔は
脳だけではなくハート(心臓)にもあると考えます。そのため、ハートに意識を
向け、ハートで感じ、ハートから導き出される直観やひらめきに沿って生きようと
提案しています。

最新の研究では『心臓脳』と呼ばれる脳と同じ神経組織が心臓にあり、心臓から脳に
送られる情報量は脳から心臓へ送られる量の実に100倍以上である、という報告も
なされているくらいなのです。

そうであるなら、常にマインドや身体の司令塔となっている脳ではなく、ハート
(心臓)を司令塔にしてみたら、すごいことになりますよね。


コネプラでは、ハート(心臓)に手を置き、脳とハート(心臓)を同期させるための
『コヒーランス』をやるのですが、ハート(心臓)と脳が同期し始めると…

*通常の脳の働きで得られる知性や時空を超えた無限の叡智にアクセスしやすくなる
*脳の機能が最大限に活性化する
*愛と幸せのホルモン『オキシトシン』が分泌され、周りの人にやさしくなったり
共感できるようになる

ということが起きてきます。


人の悩みやストレスの多くは人間関係にあるといっても過言ではないですよね。
家族、友人、仕事関係、そのどこにでも気に食わない、嫌いな人が出現します。
なので、毎日あの人があんなことを言った、こんなことをした。私はこうしたかった
のに、あの人はあんなことをした…等々、アタマの中で誰かの文句を言っていたり
しませんか? 思うだけでなく、人とのお喋りのほとんどが誰かの愚痴だという人も
いるかもしれません。

ではコヒーランスを知っているとどうなるか…?

ある人に対し怒りや憤慨を感じて、アタマの中ではその人に対する怒りや罵詈雑言、
自分を正当化する思いが次々と沸いてきて止まらない状態にいたとします。でも、
いったん立ち止まり、ハートに意識を向けてコヒーランスをすると、それまで感じた
ことのない相手に対する共感や思いやり、あるいは新しい視点や解決の糸口が沸き
あがってきたりします。それは怒り続けてきた本人にとっても深い癒しであり、怒り
の感情からの解放でもありますよね。

たった1~2分のコヒーランスでストレスやネガティブな感情が落ち着き、心の平安
と相手への共感を感じ、さらには、それまで思いもしなかった問題の根源に気づ
く・・・。

ブツクサ云っているのはアタマの脳で、ハートの脳はいつだって愛と共感に溢れて
いるわけですから、ハートに主導権を渡せば、感じられるのは愛と共感なのです。

シンクロが頻繁に起きるようになったとか、何時間も瞑想してようやくなれる心の
状態に数分でなれるようになった、という声もあるそうですよ。これはもう、体験
するしかありませんねー。


次なる時代は、マインドフルネスからハートフルネスへ。マインドが戦っている自分
からハートを愛と共感で満たしている自分へと変換させていきましょう。


余談ですが、昨年7月、今年の1月に開催したソマティック・エナジェティクスでも
ハート(心臓)はとても重要なキーポイントでした。セッション中、マイケルさんは
何度も「ハート(心臓)で呼吸するように」ということをクライアントさんに伝えて
いました。

アタマでの思考を離れ、ハート(心臓)に意識を向けた状態でセッションを受ける
ことで、自分の本当の思いや感情が沸きあがり、セッション中、それまで抑え込まれ
てきた感情が解放され、多くのクライアントさんが、子供のように泣いたり笑った
り、あるいは自動運動がおこったり、様々な反応が起きていました。

ソマティックでもコネプラでも、司令塔をアタマからハート(心臓)に移すというの
は、興味深い共通点です。


心臓の持つ未知なる力についてはまだまだ研究中で、学術的に認められるようになる
のはずっと先の話だと思いますが、心臓は単に血液を全身に送るためのポンプで
ある、という常識は、これからどんどん修正されていくでしょうね。


そして…
コヒーランスは、ストレス解消や人間関係改善だけではなく、健康増進にも寄与しま
す。

IT企業を辞め、コネクション・プラクティスの講師となった川口久美子さんは、
2年前の自分からは想像もできないほど健康になったそうで、体温も高くなり、
まわりでどんなに風邪ひきがいても大丈夫。生徒さんとコヒーランスするたびに手足
が温かくなり、実際、目にみえて手先が赤くなるそうで、久美子さんの免疫力は
この2年で、ずいぶんと活性化しているはずです。

欧米のいくつもの企業や病院でコヒーランスの手法が導入され、スタッフの精神面だ
けでなく健康改善にも役立っていること、また自閉症やADHDといった障害を持つ子供
達にも素晴らしい効果を示していることがデータで実証されています


コヒーランスをすると愛と幸せのホルモン、オキシトシンが分泌されるということを
書きましたが、愛と幸せに満ち足りたりた状態というのは血液が弱アルカリ性になり
やすく、また自律神経系も整ってくるので、コヒーランスすると健康になる、という
のは、生理学的にもうなずけます。
*ちなみにイライラしたり、怒りや不安、ネガティブな思いが沸いているときの血液
は酸性です。血液を酸性から弱アルカリ性にする一番手っ取り早い方法は、心から
大笑いすることです!


コヒーランスを実践して、手術後の痛みが軽減したり、原因不明の症状が改善した、
という驚くべき体験がすでにいくつか久美子さんの元には寄せられているそうで、


コヒーランスの方法は、5分で伝えられるものなので、子供でも十分理解し実践可能
です。コネプラを取り入れた学校の生徒は精神が安定し、成績もあがる、というのは
すでに海外では実証済。お母さんがセミナーに参加して家族や子供に伝える、という
のもいいと思いますよ。

この案内では主にコヒーランスに焦点をあててご紹介しましたが、コネプラでは、
他にも自分の感情の背後にあるニーズに気づく、人への共感力をあげることも紹介
していきます。

『ニーズに気づく』については、ブログをご参照下さい


★人とのコミュニケーション、共感力を高めたい方向けの参考書

『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』

『「なんでわかってくれないの!」と思ったときに読む本』



それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ629号 2017年02月10日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up