エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0627:目に見える外側をまずは整える

0627:目に見える外側をまずは整える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆  目に見える外側をまずは整える   ◆◇◆ 627号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

マイケルさんの来日のほかに、昨秋はマークがカナダから来日し、風水講座を開催し
ていました。

昨秋は、東京での2日間のセミナーに始まり、そのままアドバンスクラスをレベル3
まで一気に受けて下さった方が数名いらっしゃいました。

そのお一人、吉川(きっかわ)さんは、新潟県村上市で鮭の加工を手広くされている
老舗の女将さん。吉川さんのご自宅や会社は、日ごろから見学やテレビ撮影が多い
こともあり、家具や調度品も質の高いものが選び抜かれてしつらえてあり、ご感想に
あるように、すでに、それはそれは美しく整えられていました。

そんな吉川さんも、マークの風水をワクワクと学んで下さり、さらに、やはり直接
マークのコンサルを受けたいという希望があり、来日中のある日、マークに通訳さん
とともに村上市に出張し、ご自宅、会社、工場のコンサルしてもらいました。


その後、どのような変化がご自身や会社に起こったのか、年末、吉川さんからご報告
をいただきましたので、ご本人の許可のもと、ご紹介させていただきます。



~以下、吉川さんの体験談~

新潟県村上市の吉川です。
マークに村上まで出向いていただき、会社と工場と自宅のコンサルをしていただいて
約1ヶ月半が経ちました。
この間に様々な出来事がありましたので、報告させていただきます。

まず全体として、様々に物事が活性化し始めた気がします。長年停滞して動かずに
いたものが急に動きだしたという出来事も、いくつも出てきました。


ここ数年私のテーマとして「断捨離」をし続けており、家の中に不要な物、ガラクタ
というものはほとんど無かったのですが、風水の原則に基づいて家を整え始めると、
片づけや整理整頓だけでは出なかった効果が出始め、やったらやっただけのことが
現象として返ってくることを実感しています。一方で、これまで長年精神世界のこと
が好きで学んできて、内面を整えること、心の持ちようをあらためる大切さは十分
認識してきました。ですが、このたび風水を学び、マークに直接家と会社のコンサル
を受けたことで、外側を変えること、目に見える外側を整えることの方が人間の内面
に訴え、働く力が強く速いのでは?とあらためて実感しています。


アドバンスクラスの授業の際、自宅の写真はお見せしていますのでご存じかと思いま
すが、自宅は国登録有形文化財に指定されている古い日本家屋で、そのためテレビや
映画撮影などに使用されることもあり、いつどなたがいらしても大丈夫なようにして
います。また工場も村上市の観光コースとなって見学者が多いこともあり、環境整備
にはプロのコンサルを入れて長年取り組んできました。ですから、家や工場は日々、
隅々まで気を配りキレイに整えてきたと思っていました。

ところがマークにかかりますと、自分ではまったく気がついていなかった(目には
入っていたんでしょうが)全く気にもとめていなかった家の中のモノにスポットが
あたることとなり、何気なく置いてあったり、つり下がっていた物へのマークの視線
と的確な指摘、特にそのものが顕していた心や現状に対する指摘があり、それには
何度も驚いてしまいました。

「これまでずっと決まりきったところばかりが目に入り、決まりきったところの掃除
をしていたと思うので、これからは、これまでやらなかったところの手入れをして下
さい」というのがマークからのアドバイスでした。いま、それを実行中です。



マークの風水コンサルのあと現象として起こったことは数々あるのですが、いくつか
ご紹介させていただきます。

*マークの風水コンサル後「誉のエリア」でキャンドルを灯しました。 すると、その
2日後、突然、俳優の中尾彬さんと女優の池波志乃さんご夫妻がきっかわの本店に
ご来店になりました(テレビ撮影以外で、突然芸能界の方がご来店になるというのは
滅多に無いことで 驚きました)。
フェイスブックにも投稿していますのでご覧下さい。
(2016年11月23日の投稿です)


*きっかわは長年、村上の鮭を扱っていることもあり、お店のレジ前にはおつりを
お渡しするのに鮭の形のトレイを置いていました。その反り返った形がエネルギー的
にとてもいいとマークに褒めていただき、もう1つあるといいと云われたのですが、
それは20年も前にどなたかにいただいたもので、どこに売っているかも分かりません
でした。

ところが、マークのコンサルを受けた1週間後、お客さまが「これはきっかわさんにあ
るといいと思うので」と、全く同じ鮭のトレイをプレゼントして下さったのです。
これにはビックリしました。主人も、世の中には摩訶不思議なことが起こると心から
驚いておりました。


*約8年ほど前、女優の吉永小百合さんをモデルにしたJRのポスターの撮影がきっか
わでありました。ポスターが出来上がって1ヶ月ほどは村上駅にも貼られていたのです
が、その後は別のポスターに変わり、そのままになっていました。ところがマークの
コンサル後、何故か突然、撮影から8年経ったその吉永小百合さんのポスターが再度
村上駅に貼られ始めたのです。それも改札を出た目の前、真正面という好位置に。
まるで「きっかわ」に来て下さいと云わんばかりの宣伝ポスターとなりました。本当
にビックリしています。
https://www.jreast.co.jp/otona/tvcm/murakami.html


*自宅は家事のサポートにお手伝いの方をお願いしており、これまで週に3回お手伝
いさんに来ていただいてきました。でも週3回ではなく毎日来ていただきたいなぁと
思っていた矢先、12年前にお手伝いをしてくれていた女性から電話が入りました。
その方は長年持病だったC型肝炎が悪化されて辞められた方だったんですが、最近出た
薬がよく効いて体調がよくなったのでまた働きたいというお電話でした。お手伝い
さんをもう1人・・・と思っていたら、以前働いていた方から電話がある、というタイミ
ング。
これも不思議としか云いようがありません。


*弊社には、旅番組やグルメ番組などのテレビの取材もよくあるのですが、この時期
はその取材が続き、12月は1ヶ月に3つの番組が放映されます。海外からの取材もこ
このところ増えています。これまであったものがより活性化し始めた何よりの証拠か
と思います。

この12月に放映されたテレビ番組
2016年12月16日
2016年12月20日
2016年12月27日



マークのコンサル後、私自身の自分の家に対する気持ち、接し方が大きく変わりまし
た。

風水の原則に基づき家を整える際、ここは財のエリア、ここは創造性のエリアだから
こうしよう・・・と最初は自分のためにやっていました。でも、家のことを考えて
いるうちに、家に喜んでもらう、というか、どうすればその家のそのエリアが喜ぶか
を考えるようになりました。


例えばマークから洋服ダンスのハンガーをそろえるようにというアドバイスがあった
ので、IKEAの実習の際、木製のハンガーを山のように購入し、すぐに家中のハンガー
を木製のものに統一しました。すると、タンスを開けるたびに洋服が喜んでいるのを
感じます。ハンガーをやり変えるときに、自分の洋服も全部手にとることになりまし
たが、あらためて1枚1枚と接することになり、忘れ去られていた洋服たちがまるで
生き返ったようにとても喜んでくれているように感じています。

家の食器も、商品撮影の際使用することもあり、骨董の陶磁器の食器がたくさん食器
棚に並んでいるのですが、1枚1枚のお皿や陶磁器がどうすれば輝くか、喜んでくれる
かを考えるようになり、サンキャッチャーをつり下げ、レインボーの光がお皿に当た
るようにしました。そのせいか、食器からも嬉しそうな感じを受けています。


仏壇、神棚にまつわる不思議なこともありました。
風水を学んだあと、仏壇の近くの窓辺にサンキャッチャーをかけ、仏壇に光があたる
ようにしていました。そうすることで、仏壇も明るくなり、何だか先祖が喜んでいる
ように感じていました。すると、サンキャッチャーをかけた2日後、会長をしている
父にテレビの取材の申込が入りました。それも2つのテレビ局から2日連続で。

これまでも数々のテレビの取材はありましたが、いずれもグルメや旅番組、村上の
歴史、文化などの番組でした。それが今回2つとも父自身にスポットライトがあたる
内容で、高齢でも生き生きと活躍している人物として、あるいは次世代へ何を残した
いかといった取材だったのです。先祖に光を当てたことで、その先祖の先頭にいる父
にスポットライトが当たったのでは、と思います。



神棚にも同じようにサンキャッチャーを買って神棚に光があたるようにもしました。
うちの産土神社は、村上市の西奈彌羽黒神社(せなみはぐろじんじゃ)なのですが、
神棚に光が当たり始めた数日後、その神社の宮司さんが突然訪ねて来られました。
なんでも前夜夢の中で「水神さんを大事にしなさい」という神様からのお告げを受け
たそうで、目が醒めて真っ先に頭に浮かんだのが、きっかわだった、そうなのです。

それで神棚に飾るようにと御幣を持っていらして下さったのですが、なんとその御幣
が紫色。通常、水神の御幣は水色です。でも水色のものが無かったから、たまたま
あった紫色のものを持ってきたそうなのですが、うちの神棚があるエリアは財のエリ
ア。紫色がテーマカラーの場所です。つまり、我が家に神棚にぴったりの御幣の色
だったのです。


動かなかったものが動き始めた例ですが、
義弟が会社の住宅部分に住んでいるのですが、その部屋は畳も古く、また段ボールが
積み重なっていたのが気になっていました。ところが、マークがコンサルに来た翌日
何かその部屋から音がするなと思っていたら、畳屋さんが畳を変えに来ていたので
す。段ボールもきれいに片付いて無くなっていました。父に、畳を変えたのはどれく
らいぶりかと聞いたところ、50年ぶりだそうで、これまでずっと気になりつつも手つ
かずだったところが、私が何も云っていないのに、いきなり大きな変化が起きて本当
に驚きました。


今年は、風水を学んだことで自分自身に大きな変化が起きた年となりました。
素晴らしい風水と出逢うことができ、本当に感謝しております。

これからもどうぞよろしくお願いします。


~以上、ご紹介おわり~


いかがでしょうか?

外側を整えることで内側が変わる。それも、単に風水の法則にのっとって家の中を整
えるだけではなく、そこに喜びと意図が加わることで、さらに家と外の世界、住む人
の心と外の世界との繋がりのエネルギーが加速していくように思います。


吉川さんの場合は、すでに、もう処分する不用品はありません、家にあるものはすべ
て必要なものばかりです、というくらいに家の隅々まで心配りをされていらっしゃい
ました。ですから、淀んだ空間にエネルギーを吸い取られることなく、宇宙の法則が
速やかに働き始めたのでしょうね。

吉川さんからは、他にも仏壇のエピソードをお聞きしているのですが、神棚や仏壇も
どのようにしたら先祖が喜ぶか、神様が喜ばれるかという意識で接することで、先祖
のご加護をしみじみ実感することがあったそうです。


家は、夢解釈では「自分の身体」ととらえることがあります。つまり家を整えること
は自分の身体を整えることでもあります。

日々、ちゃんと自宅を整える、自宅にいつ人が訪ねてきても大丈夫だという状態は、
自己を尊重する心(自己肯定感)を高める一番の近道のような気がします。


コンテンポラリー風水では、家には、自分の人生のある側面を司るエリアがある、と
とらえて、家の中を見直していきます(健康のエリア、恋愛運のエリア…など)。
吉川さんが書かれているように、自分の人生のそのエリアがさらに活性化するには
どのようにすれば?という視点でみると、家の中はまた別の姿を見せているかもしれ
ませんよ・・・。




年末の大掃除は出来なかった~!という方も、旧暦新年(1月28日)や立春を目指して
まずは片づけからスタートしてみてはいかがでしょうか?

どこから手をつけていいか分からない、という方は、家の中にエネルギーが入る場所
でもある玄関と自分が寝ている寝室から。
あるいは、変化を促したいエリアからスタートする、というのも1つの方法です。


洋服ダンスのハンガーをそろえる、というのも簡単ですが、変化の第一歩としておす
すめです。洋服と洋服の間に少し空間ができ、見た目もきれいな木製のしっかりした
ハンガーがおすすめです。好きな色のプラスティックのハンガーも洋服ダンスを開け
たときにモチベーションが上がるのでいいですね。


マークが提唱するコンテンポラリー風水の基本的な知識はこのDVDで学ぶことが
できます。家の中のエリアについても、こちらのDVDでしっかり学べますよ。


次回のマークの来日スケジュールはあらためてお知らせします。


吉川さんとのご縁もあり、テンプルでは昨秋、吉川さんから鮭を取り寄せ、会社で
鮭パーティをやりました。どれも美味しかったですよ!


きっかわのWEB

それではまた!

(有)テンプルビューティフル メルマガ627号 2017年1月13日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up