エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0511:ケイシー流・超能力開発法

0511:ケイシー流・超能力開発法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◇◆ ケイシー流・超能力開発法 ◆◇◆ 511号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

先週、たま出版社長の韮澤潤一郎さんのインタビューをアップしました。もうお読み
になりましたか?


インタビューの中で、大学時代に韮澤さんが所属した、ある霊的修行団体でのエピ
ソードをお話し下さっています。以下、その会話の抜粋。

~引用ここから~

韮澤さん『…そしてその団体に入って共同生活をするようになりました。そこでは
日常会話はテレパシーなんです。無言ですべてコミュニケーションする』

光田『その団体に入ったからといって、すぐにテレパシーで会話はできないです
よね』

韮澤さん『すでにその頃、僕はテレパシーに没頭していましたからね。テレパシーが
原則なんです。それはリーディングでもありチャネリングでもあり…。アメリカ軍が
やっているような遠隔透視の原点を訓練するわけです。なんでそうなったかという
と、さっき言った3つの組織の他に十菱さんが教えを受けた、ある人物がいたんで
す。その人はそこにいませんでしたが、その人は実は金星人だと言われていました。
自称ですけどね。

私はその人には会っていませんが、そのやり方というのはまさにテレパシー、人間の
超感覚的知覚をベースにした生き方でした。インドの行者がよくやると言われていま
すが、お金も何も持たず世界を旅行できるんですよ。その方法で日本中を旅行して
いました。東京にいながら大坂にいる仲間にテレパシーを使って、名古屋のどっかで
待ち合わせをするみたいな…。それを訓練でやるわけですね。間違ったら会えない
わけだし』


光田『たしか、韮澤さんは餓死しそうになってその団体を抜けられたんですよね?』


韮澤さん『いえ、餓死ではなく、最後はとうとう栄養失調になってしまったんです。
どうしてかというと、お金がなく、能力が発揮できないときは何も食べられないわけです』

光田『なるほど。能力が発揮できれば食べ物は引き寄せられるけど、疲れて空腹だと
能力も発揮できないから、ますますお腹が空いてしまう…。』 

~引用終わり~


テレパシーで仲間たちと待ち合わせ日時や場所を決めるって、どんな感じなんだろ
う?と興味が沸いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、こういった超能力開発について、ケイシーがどのように述べているか調べて
みました。

まず超能力って、特別な人が持つ特別な能力なのでしょうか? ケイシーのような人
は特別なのでしょうか?

ケイシーのようなリーディングを他の人も取れるようになるのかと聞かれ、ケイシー
は端的にこう答えています。

『誰でもできる』3744-1


では、なぜそのような能力が発現しないのでしょうか? またそういった能力はどの
ように使えば良いのでしょうか?

Q)『私にはサイキック能力がありますか?』  
A)『そのほとんどは自己によって覆い隠されている。すべての人は何らかのサイ
キック能力を持っている』2954-1

Q)『私はサイキックですか? もしそうなら、どのように開発すれば、それを有効
に使えるようになりますか?』  
A)『どの魂もサイキックである。そしてこの実体(人)は、これまでの経験から
人並み以上にサイキックである。ただ、その能力は誤って使われてきた。それらの
能力を光に向けよ。真理の光によって導かれるようにせよ』263-4


ケイシーはテレパシー能力を伸ばすトレーニング法を具体的に説明しています。
その方法をご紹介する前に、ケイシーはこのような能力を取り扱うにあたり、まずは
自身の肉体や人生を正すようにと述べています。

ちょっと難しい表現がたくさんありますが、頑張って読んで下さいね。

Q)『わたしには病を癒す能力が備わっているでしょうか?』  
A)『こうした能力は発達させることができる。この能力は万人のためになるもの
であるが、例のただ一つの原因に由来するものではなくてはならぬ。それ故に、ほか
ならぬあなた自身の人生をこのような力の行使に値するような生き方で送るがよい。
あなた自身の栄光のためではなく、およそ善と完全無欠さを備えた一切の賜物を与え
てくださる神の栄光のために 』3083-1

Q)『私は霊的ヒーリングやサイキック能力を開発することができますか?』  
A)『手当てヒーリングや磁気波動によるヒーリングを開発できる。これらは良い
だろう。しかし、それよりもまず自分自身の肉体を良くすることだ。あなたと語り
合う人々が、あなたが神と共に歩んでいるという事実に気づくほど、あなたの光を
輝かしなさい』3564-2


792-2の一連のリーディングは、テレパシー能力の開発について集中的にケイシーに
質問がなされています。どうやら当時、ケイシー財団ではテレパシーの実験をする
グループが存在していたようですね。そしてこのような能力を開発する過程で陥り
やすい誘惑や奢り(優越感やうぬぼれ)についても警告を発しています。


『…テレパシーはしたがって、外部にあるもの―あるいは自我の外側にあるものへの
呼びかけや依存や追及などであると仮定したリ、想像したり、提案したりすべきもの
ではなく、むしろ自我が己の内なる神聖なものへ調和することなのであり、この
(神聖なる)ものは、一つの宇宙意識もしくは唯一の宇宙意識なのだ』792-2

『このグループの中には天賦の才能である能力を実験してきた者たちもいるが、この
場合の“天賦の”とは、自分自身を無限なる存在である神に調和させる心のもろもろ
の機能を用いることによって生まれつき発達した、という意味である。

また、完全に己の内部にある意味ではなくして、誘惑者になりたいと願う者たちに
そそのかされた意識に、自分を同調させてしまった者たちもいる――そもそも物質
的・肉体的意識の中で絶えず試みられるいかなる同調においても、この種の意識に
引っかかりやすいのである 』792-2

『次のことを以って、いかなる者―然り、万人にとっての、一つのよりどころとする
ことができよう。すなわち、かかる実験もしくは試みが、心を引きつけたり疲れさせ
たり、あるいは混乱させたぼんやりさせたり、あるいは肉体のエネルギーに負担を
かけたりするようであれば、知るがいい、あなた方は間違えて同調しているので
ありーー空電妨害(ノイズ)が、それもどこかのご大層な源から入り込んでいるの
だ!』792-2

『急がば回れ。 主なる神に仕えよ。そしていかなるものにせよ、優越心やうぬぼれ
となりそうなたぐいの活動や、見せびらかしの方へ向かうのではなく、有益であり
他の人々に希望を与えてくれるようなものの方へと向かうがいい 』792-2


では、ケイシーが述べたテレパシーを開発する方法です。

Q)『意識的にテレパシーを行うための原理とテクニックを教えてください』
A)『主(神)が共にいて下さるという意識によってである。 なぜなら主はあらゆ
る力、あらゆる思念であり、すべての問に対する答えであるからだ。 なぜなら、
これらの人が主の臨在に目覚めれば目覚めるほど(明らかに示されるであろう)これ
らの影響力を知ろうとする願望は、その認識(主の臨在の自覚)を物質的に実用的な
ものにするからである。 

まず二人の間で始めることである。ある特定の時間を決めておき、そしてその時間に
なったら、それぞれは、相手が何をしているかを書き留める。これを20日間行う。 
そうすれば、テレパシーに関する鍵を得たことがわかるだろう』2533-7


・・・しかし、ケイシーの述べるサイキック能力とは、単にテレパシー能力を発揮し
したり、霊と交流を持つことではありませんでした。ケイシーは敬虔なクリスチャン
だったため、以下も、私たちには少し難しいリーディングですが、ケイシーが目指す
霊的能力、霊的現象はこのようなものでした。


Q)『私のサイキック訓練をさらに向上させるにはどうすれば良いですか?』  
A)『恥ずることのない働き手として、神に認められるように努めることである。 
ヨハネ福音書の14章、15章、16章、17章に示されている指示を受け取り、それらを
あなた自身の人生の一部にすることである』3249-1


Q『…私自身が霊的能力を探求したり、開発を試みるべきでしょうか?』  
A)『このテーマはしばしば誤解され、またしばしば誤って解釈されるものである。
サイキックとは魂に属するものであり、単なる経験ではない。それを探求するのも
良かろう。それを経験するのも良かろう。しかし、あなたの理想である主に一致する
ような仕方、道においてである! 単に肉体を離れただけの実体、つまり(死んだ)
魂と交流するのではない! 

そうではなくて、自己の内から現れる導きに従ってである。なぜなら、主は何と言わ
れたか? 「この神殿を破壊してみよ。私は三日で再建するだろう」 それ故に、あな
たの肉体はまことに生ける神の神殿である。そこにおいて主はあなたと会い、あなた
と交わると約束されたのである。そこにこそあなたの求める霊能開発、霊的現象が
ある!』 1598-1
 

ケイシーが述べたテレパシーや超能力について興味がある方は下記の本がお勧め。
リーディングが多いので、読むのが少し大変ですが、ケイシー自身が述べた読心術、
キリストの再臨、幽体離脱、テレパシーなどに関する直筆、談話、リーディングが
収録されています。
『エドガー・ケイシーの精神革命』1512円



それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ511号 2013年11月22日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up