エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0471:健康貯金を毎月ためる

0471:健康貯金を毎月ためる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆◇◆  健康貯金を毎月ためる  ◆◇◆ 471号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

昨年インタビューをさせていただいた三枝龍生先生の掲示板に、とても笑えない
体験談(放射能汚染が危惧される食品を食べ続けていたら、仙骨に出来物ができた)
が掲載されていました。

単なる偶然、単なる思い過ごしととらえる方もいらっしゃるかもしれませんが、
体感覚が鈍くなっている現代人は、三枝先生のようにすぐに身体が反応しない、気が
つかないだけなのかもしれません。魚や肉、乳製品をよく食べている、外食が多い方
はミネラルを積極的に摂ることと、解毒、排毒に心がけることをオススメします。
三枝龍生先生のお尻の顛末

三枝先生のインタビューはこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

我が家の猫たち。朝は機嫌良くすぐに目覚め、起きたとたんにキッチンに走って朝
ゴハン。そのあとすぐにトイレでウンチ!

姪っ子が幼い時もやはり「お腹空いた~」と言いながら起きてきて、すぐにトイレ
でウンチ。その後、朝食をモリモリ食べて、元気に飛び跳ねてました。

食事、排泄、睡眠。よく食べ、よく出し、よく寝る。そして朝、目覚めたときから
元気。起きたときから幸福感全開!

きっと、こういうのが本当の健康体なんだろうなぁ、私もきっと子供の頃は、寒い朝
でもこんな感じに元気に目覚めていたんだろうなぁと、朝っぱらから元気な猫たちの
様子に「生きているエネルギー」みたいなものを感じてしまいました。



2007年のブログに、私はビジネスコンサルタント矢矧晴一郞先生との会話をご紹介
しています。おそらく80代となった今でも現役でご活躍かと思いますが、私が知り
合った当時、矢矧先生のコンサルタント料は一社5000万円!

毎日が高速回転。24時間をフル活動されていらっしゃいました。

1分、1時間にされる仕事のあまりの濃さに、グズグズ大好き人間代表として思わず
矢矧先生に聞いてしまいました。
「今日はサボりたい、怠けたい。1日休みたいということは無いんですか?」と。

矢矧先生から返ってきた答えは一言。

「自分に怠け心は無い」。

そしてこう付け加えて下さいました。
「経験上、怠け心は、心ではなく、本当は体調が悪いから起こるんだと思う。だから
怠け心が起こる前に、前兆をキャッチして体調を整えておけば、心が怠けたくなる
ことはない」

「体調が悪いのは、肩が凝っているのか、頭が痛いのか、筋肉がいたいのか、食べ
過ぎなのか、1ヶ、1ヶ、考えていって、そのだるさが起こりかけている芽を摘んで
いる限り、怠け心が起こる前に対処できる」

怠けたい、グズグズしたいという自分の思いに気づいたら、早め早めに身体のケアに
心がけ、身体の元気度をアップしておく。「なるほど!」と思わずガッテンでした。

2007年のブログ



でも多くの場合、なんとなく日々が流れていきます・・・。
なんとなく朝起きて、なんとなく会社で仕事をして、なんとなく家に帰って寝る。

それでも、それなりに充実してそれなりに幸せで、それなりの日々が過ぎていって
いきます。

でもいつまでも若々しく健康でいたいのなら、やはり積極的なアプローチが必要。
ケイシーのリーディングにこんな一文があります。

「・・・そして、なによりも、この実体は自分と自分の時間を計画的に配分する必要が
ある。 疲れた体と心と目的と希望を回復させる。 仕事にたっぷり時間を費やした
なら、それと同じくらいたっぷりとレクリエーションに時間を割くこと。

体を美しくすることにたっぷり時間をかけること。 この実体が、自分が考え行動する
仕方に現れる周期というものを分析するなら、1ヶ月のうちの少なくとも1週間は、
肉体を美しくし、若さを保ち、体を治すために費やすべきである――この人が心と体
と目的において若さを保ちたいのであれば。

これは、1週間まるまる他のことは何もしないで過ごすということではない。

毎月、どこかの週から3日を選ぶ――つまり、1ヶ月のうちの適当な3日間では
なく、ある特定の週の3日である――それは、毎月の第一週でもよいし、第二週、
第三週、第四週でもかまわない。

そこで総合的な水治療法を受ける。そこには、マッサージや光線療法、美容に有効な
あらゆる種類の治療を含め、体全体の諸力を若く保つようにするのである」3420-1


やはり2007年のメルマガで「緊急ではないけど重要なこと」を実践する時間を作りま
せんか?とご提案しました。
 (メルマガ180号) 



ボディケアもその1つ。

熱を出している、下痢をしている、病気が見つかった、ということでもなければ、
自分のケアというのは、永遠に後廻にしがちです。後回しにしても全然困りません
からね。

でもケイシーは、1ヶ月の間、数日間を自分の身体のケアをする時間として前もって
確保しておきなさいと述べています。

セラピーを受けに行ってもいいし、自宅で洗腸をしたりオイルマッサージをする期間
にあててもいいでしょう。3週続けてひまし油湿布ができないなら、この3日間だけ
でもしてみる。毎日瞑想ができないなら、この間の数日間、寝る前15分間だけでも
瞑想してみる。

ともかくも自分のための時間を計画的に配分する。


多くの人はスケジュール管理に手帳をお持ちかと思います。

2013年、手帳に緊急ではないけど重要な時間として、ボディケアの時間を前もって
書き込んでみてはいかがでしょう?

書くということがとても重要で、私のようにグータラ人間は「前もって書いておく」
と「単に頭で考えておく」とでは、天と地の差ほどその日の過ごし方が変わってきま
す。

最初は全然違いが実感できないかもしれませんが、毎月の積み重ねが3年後、5年後
の自分に大きな違いを生んでいると思いますよ。


私も我が家の猫たちのように、朝っぱらから機嫌よく、朝っぱらから心も身体も元気
でいられるよう、毎月のどこかに必ず、ボディケアの期間を入れていこうと思って
います。これは体調が悪いから行う(健康に戻るための)ケアではなく、将来健康で
日々を暮らしていけるための健康貯金みたいなケアですね。

特に私は普段、コンクリートと鉄筋、電気製品に囲まれた生活をしていますので、
自宅で何か・・・とは別に、大自然の中に抱かれるような時間を、出来るだけ持ちたいな
と思っています。


2020年、2025年、テンプルのお客さまが集まったら、みんな若々しくハツラツとして
いる~!みたいな未来を夢みてます!



それでは、また!

(有)テンプルビューティフル メルマガ471号  2013年1月12日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up