エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0374:魂を鼓舞するケイシーリーディング

0374:魂を鼓舞するケイシーリーディング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◇◆  魂を鼓舞するケイシーリーディング  ◆◇◆ 374号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

2010年もあと1週間。このメルマガが、今年最後の配信となります。
今年1年、ご愛読いただきありがとうございました。

来るべき2011年は、誰にとっても、魂の学びの多い年になりそうな予感!
2011年6月には、おかげ様でテンプル開業15周年を迎えます。
ゆっくり一歩ずつ、テンプルも大きくなってきました。
すでにいくつか2011年のイベント、セミナーの企画も進行中です。
期待してて下さいね。

来年、ますます皆様に必要とされ、愛される会社になりますよう、スタッフ一同、
切磋琢磨していきます。
2011年もどうぞよろしくお願い致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

年12月は、魂の糧となるようなケイシーリーディングをご紹介しています。
鳥肌がたつほど、ストレートで美しいケイシーリーディング。
クリスマスから大晦日、新年にかけては家族や友人たちと語り合う機会も多くなり
ますね。また、一人心静かに自分の心の声に耳をすませたり、新年にむけ新たな決意
を心に誓われる方も多いでしょう。
人生の節目にもなるこの大切な時期に、ケイシーの言葉がお役にたてば嬉しいです。

【人 生】
Q)「私はこれまで通りの生き方をすれば良いのでしょうか?  変えるべきことが
あるなら、どのように変えれば良いのでしょうか?」
A)「この俗世にあって、人生の目的をもっと知り、もっと人格を高めることだ。
なぜなら、ただ生き、ただ死ぬことが人生ではないからだ。 あたかも今宵、造り主
と共に過ごすことになっているかのように、日々毎日を生きよ。
そして朝は、今日も我が身を人々への奉仕に役立てられることを造り主に感謝する。
そのような生き方をせよ。
そして、汝の奉仕によって、あたかも神がなさるかのように、人々に祝福が注がれる
ようにせよ。 これは自分自身を他人より上に置くことを意味しているのではない。
なぜなら、人々の中で最も偉大になろうとする者は、人々に仕える下僕とならなけれ
ばならないからだ。人生の中で、これが何を意味するかを学べ。そうすれば、人生は
価値あるものとなるだろう」4185-3

「あなたの人生に働く見えない力に委ねることだ。しかし、そのようにするには、
そのようなものが人生に働くよう、生き、行動し、かくあらねばならない。
無理を押し通して同胞を利用しようとすることは、不満や不幸せ、争い、恐れをもた
らす事柄に向けて突き進むことに他ならない。
真っ正直に、誇りを持って生きよ。
どんな人に対しても、面と向かって「私は造り主に導かれている」と言えるようで
あれ。これこそが正しいことである。それは、自分が優れているとか、価値があると
いった、自己称賛のためではない。
なぜなら、すべての魂は造り主の印をもつからだ。しかし、その魂が「邪悪の果実」
を行うならば、その印は汚れ、しみだらけのものにならざるを得ない。
そして、その結末は恐るべきものになる!」531-3

「あなたが他人を物質的に遇する時には、いつも、それが天の国における預金となる
ようにせよ」2448-2

【家 庭】
「神のいますところ、そこに家庭がある。あなたの家庭の中心に神を据えよ」
  3351-1

「家庭を築くにあたっては、それを天国の家のひな形のように作ることだ。ただ寝る
だけ、ただ休むだけの場所にしてはならない。
自分だけでなく、そこを訪れるすべての人が、家庭という聖なる場所に住まう1人1人
の作り出した波動そのものから、その家にあふれる思いやりと希望を感じ、体験でき
る場所にすべきである。
2人のためのみならず、訪れるすべての人にとって、心なごむ場所、心身の保養所と
すべきである。
多くの生涯で経験してきた教訓を思い出し、客人をもてなすことに心を配るように
せよ。なぜなら人は、それと気づかぬうちに、天使をもてなしているからだ。それ
ゆえ、天使が訪れたくなるような、天使すら客人として招かれることを望むような
家庭や住まいを作るがよい。
それによって素晴らしい祝福、栄光あふれる喜びと満足がもたらされるだろう。
家庭を常に調和あるものとすることで、自分を正し、またお互いの関係を正すという
栄光に満ちた調和がもたらされる。
『それは明日やろう、来週から始めよう、来年からそうしよう』などと言ってはなら
ない。あなたの人間関係のなかで日々蒔くものを、真理の種、希望の種とせよ。
それらが実を結ぶほどに成長し、日々が過ぎ、歳月が過ぎたとき、それらの種が真に
家庭を飾る美しい花園となるだろう」480-20

「自宅を聖地に」と372号のメルマガで書きましたが、ケイシーは自分自身がいる
場所が常に聖地になるように、と述べています。

Q)「私はどこに行けば最高の波動を出すことができますか?」
A)「あなたのいる場所においてである!波動は内から来るものであり、外から来る
ものではない。あなたの内的自己の内に『神との』親しい関係をつくり、それに
よって、あなたのいる場所には、いつも他人に対する救いと助けと愛とが見いだされ
るようにせよ」1183-1

「神がモーゼに語られた『汝の履き物を脱ぐがよい。汝の立てる地は聖なればなり』
という言葉が真に何を意味しているか考えてみよ。如何なる意味があるのか。その
言葉を考えたことがあるだろうか」2092-15

【仕 事】
「あなたの日々の仕事において神をパートナーとせよ。――そうすれば、それはバラ
のように咲くだろう! 」257-181

「いつも働き手でありなさい、そうだ、みつ蜂のように。―しかしそれは、あなたの
場所を、人が住むのにより美しい場所にするような貢献であり続ける方法でなければ
ならない」3374-1

「外の影響力にあまり左右されず、もっと内なる直感力に頼ることである。自己の内
から出てくる、静かで小さな声に耳を傾けることを学ぶことだ。 (中略)内なる
静かで小さな声こそが、人を突き動かす力に命をもたらし、その命が人間の奮闘努力
の基盤となるべきものを与えるのである。
なぜなら、自らの前にその達成を試みんとする理想を、常に掲げることができなけれ
ば、人は漂うばかりであり、名声や財産など、この世の喜びを与えようという人々の
さまざまな誘いや叫びに、引き回されるだけに終わってしまうからだ。
それら(世俗の喜び)は、内から現れる聖なる力に耳を傾けることに費やされた人生
の成果とせよ。それを人生の目標にしてはならない」239-1

上記でご紹介した「家庭」についてのリーディングは、この本を参照しました。
この本には、たくさんの珠玉のリーディングが紹介されています。
まだ読んでない方。この本もいい本ですよ。
エドガー・ケイシーが示す愛と結婚の法則 

なお、膨大に残るケイシーのリーディングは、日本エドガー・ケイシーセンターの
会員になれば英文でよければ全文をインターネットを通じて読むことができます。
毎週少しずつですが、翻訳が進んでいますので、一部(現在、全体の6%が日本語に
なっています)は日本語で読むことができます。
*ケイシーセンターの入会案内は、こちらをご参照下さい。

今日はクリスマスイブ。
クリスチャンでない方も、いつも帰りが遅い方も、今夜ばかりは早めに帰宅して、
ご家族や友人と団らんをもたれる方も多いのではないでしょうか?
このクリスマスの夜。皆様のお宅にも、ひそかに天使が訪れますように。

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

昨日は、スタッフ数人が我が家に集結してくれて、大掃除を手伝ってくれました。
断捨離と大掃除で、新年を迎える用意はもうバッチリ!です。
新年は、おせち料理はほどほどに、2泊3日の座禅断食に行ってきます。
こちらは、参加するのは初めて。
よいクリスマスの週末と、年末年始をお過ごしください。
心穏やかな新年を迎えられますように。

それでは、また来年!

(有)テンプルビューティフル メルマガ374号 2010年12月24日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up