エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0345:潰瘍性大腸炎とクローン病

0345:潰瘍性大腸炎とクローン病

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇◆  潰瘍性大腸炎とクローン病   ◆◇◆ 345号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(有)テンプルビューティフルの光田菜央子です。

先週、今週と、なぜか潰瘍性大腸炎とクローン病の方からの問い合わせが相次いで
います。
皆さん、全員若い男性。

ともに慢性的で深刻な大腸の病気で、なかなか回復が難しいうえに、重篤な場合には
大腸の全摘手術を受けることになってしまう方もいらっしゃるとか・・・。入退院を
繰り返すうちに、クスリも効かなくなり、症状が良くなるどころか、どんどん重く
なる方も多いそう。そこで今日は急遽、ケイシーリーディングを「大腸の炎症」
「大腸の潰瘍」をキーワードに調べてみました。

※ケイシーリーディングには「クローン病」とカテゴライズされるものはありません
が、後に症状から、これはクローン病患者であったであろうと推測されるものが
含まれています。

全体的な方向性としては、
・食事を改善と体内毒素の排泄を促し、血液を浄化する。
・整体や整骨の施術を受けたりマッサージを施すことで、体内に流れるリンパ液や
 血液、神経系の流れの滞りを無くし、体液がスムーズに流れる身体をつくる。
・ストレスマネージメントを行い、心も身体も十分な休息とリラックス。
という感じでしょうか?

●オステオパシー治療やマッサージ
まず勧められるのは、背骨の調整です。食べ物の消化や排泄に関わる内臓機能を整え
るために、まずは整骨、整体治療を受ける必要があるでしょう。
それとあわせ、ご自宅で背骨にそった穏やかなオイルマッサージも勧められます。
使用するオイルは、ミルラ入りのものが勧められているリーディングがありました。
マッサージの方向としては、頸椎から腰椎にかけて下りる感じで。
ミルラ入りのマッサージオイル

●ブドウの湿布
ケイシーは、重篤な腸のトラブルにしばしばブドウ湿布を勧めています(腹膜炎を
起こした患者にも勧めています)。胃から腸にかけて覆うように行います。

「ただちに(また、この種のことが何か行われない限り、状態はさらに重篤なものに
なる)、腹部に対して潰したブドウのパックを行う。可能であればコンコード種の
ブドウを使用する。もしなければ、手に入る他の種類のブドウでもよい(できれば
色の濃いブドウが望ましい)。それを潰して、ガーゼの間に厚さ1インチくらいに
なるように挟み込む。それを体に直に当て、パックが体の熱で温かくなるまでそこに
とどめる。今現在の時点で熱は華氏103度(注:摂氏39.4度)以上ある。
温かくなったら、新しくパックを作りなおして当てる。これを途切れることなく当て
続ける」2826-1

「ブドウのパックは温めてはならない。このパックは1時間おきに、あるいは体の
熱で熱くなってきたら取り替えるべきである。毎回新しくブドウを潰し、1回につき
パックを2~3時間から4~5時間保持する。そしてしばらく休止したら、再び
シップを施す。ブドウを布の中で潰し、それを腹部から胃にかけて行き渡るように
する」852-3

●洗腸
体内浄化を促進するために、洗腸もぜひ実践したいところですが、実施にあたっては
事前に主治医にご相談下さい。

●食事の改善
男女比でいうと男性が、年齢でいうと若い方が罹りやすい病気のようです。罹患され
た皆さんが発症前にどのような食事をされてきたのか調べてみたいところですが、
若い男性が特に好きな食事--例えばハンバーガーとコーラ、牛丼やコンビニ弁当、
揚げ物好きな方は、今すぐに食事の内容を見直す必要があるでしょうね。
※もちろん、その他の年代の方にも発症はあります。

ケイシー流の食事は、もちろんアルカリ性の高い食事。
動物性の脂肪、揚げ物、牛肉や豚肉、炭水化物の多い食事、砂糖は避け、野菜中心の
食事に。特に、ランチタイムは生野菜中心の食事が勧められています。
ニンジン、レタス、セロリを中心にした生野菜をたくさん召し上がって下さい。
ご家庭で、野菜ジュースにして飲むのもいいと思います。
(ただし、市販の野菜ジュースは不可)
野菜がなかなか食べられないときには補助食品も利用されると良いでしょう。
ピュアシナジー
キャロットフィールド(取扱い終了しました)

体内浄化に水を1日数杯飲むことも勧められますが、冷たい水や炭酸飲料は胃腸には
ダメージを与えます。水を飲むときは、常温かぬるま湯が良いでしょう。

●ハーブトニック
大腸に潰瘍がある患者に対し、ケイシーは朝鮮人参やショウガ、乳酸ペプシンなど
を混合したトニックの飲用を勧めています。
飲み方のアドバイスには幾通りかありますが、たとえば就寝前、小さじ1杯の摂取を
5日続け、5日休んで、また5日飲むようにとアドバイスしたものもあります。
これは、フォーミュラ208という商品名で商品化されています。個人輸入になります
が、アメリカから入手可能です。
フォーミュラ208(アメリカからの個人輸入)

●キャストリア(緩下剤)
排泄を促すために、ケイシーは、キャストリアというセンナの入った緩下剤を大腸炎
の方に勧めています。
キャストリア (アメリカからの個人輸入)

●ハーブティの飲用
・ニレ茶とサフラワー茶が勧められています。1日に両方のハーブティを飲む場合
には、午前中もしくは朝食前にニレ茶を。午後にサフラワー茶を飲むなど、薬効が
重ならないように時間をあけて飲みます。

「いつも沢山の水を飲むこと。飲む水にはこれまで述べた薬効成分を取るとき以外
は、粉にしたニレ樹皮を1つまみほど入れる。これをかき混ぜて数分間放置してから
飲むこと。これは作り置きしてはならない。 (作り置きすると)むかつくように
なり、とても有害である」133-3

ニレ茶の飲み方は、通常とは少し違った飲み方が推奨されているものもありました。
どちらの飲み方が良いかは、ご自身で飲み比べて胃腸の状態を感じてみてください。

Q「ニレ茶はどのように、またどれくらいの頻度で服用すれば良いですか?」
A「ニレ茶は毎日服用しても良いだろう。それによって排泄があり、これが消化管で
発酵しないからだが、これは消化管全体にとって、またとりわけ直腸にとって良い。
1つまみ分をグラスに入れ、沸騰したお湯を注ぎ、20分から30分放置する。
そして冷めて飲めるまでアイスボックスに入れ、それから飲む。もちろん、とろみが
出るが、しかしそれこそが消化管に必要とされているものである」5216-1

ニレ茶(スリッパリーエルム)
サフラワー茶

●体力が落ちているときには、ビーフジュース(牛肉のエキス)を摂るよう勧めた
リーディングがあります。小さじ1杯のビーフジュースを時間をかけて少しずつ
舐めるように摂取します。
ビーフジュースの作り方はこちらをご参照下さい。

●十分な睡眠をとり、身体も心もリラックスし、休まるような時間も必要です。
朝夕の日光浴や夏には砂浜で砂浴も勧められています。

●感情や態度
大腸炎に罹患される方は、生真面目で神経質、あるいは完璧主義の方が多いと言われ
ています。
まじめな方に不真面目になってもいいですよ、と言ってもなかなか難しいですよね。
そういう方には、フラワーエッセンスがお役にたつかもしれません。

フラワーエッセンス(おすすめ例のごく一部です)
ジニア(物事をユーモアを持ってみられるようになる)
ビーチ(思いやりと寛容を感じられるようになる)
エルム(責任感が強く重圧に圧倒されている方に)
(※上記は販売終了いたしました 現在の厳選20種はこちら)

ケイシー療法以外のアプローチ
【ホメオパシーによるアプローチ】
日本にホメオパシーを普及された由井寅子先生が、もともとホメオパシーに接する
きっかけになったのが、ご自身の潰瘍性大腸炎でした。寅子先生は、2年間患った
潰瘍性大腸炎が1ヶ月ほどで治癒したという経験をお持ちですが、東京の赤坂で、
ホメオパシー医をされている渡辺順二先生にお聞きしたところ、順二先生もステロイ
ドが効かなくなった重度の潰瘍性大腸炎の患者さんにホメオパシーが有効だった経験
をお持ちだそうです。

いま全国にホメオパシードクターは増えています。ホメオパシーについてご存じない
方は、書籍を1~2冊お読みになったうえで、お近くのホメオパスにご相談下さい。
*西洋医で、かつ、ホメオパシードクターでもある渡辺順二先生のクリニック情報
はこちらから
全国のホメオパシードクターはこちらで検索できます。

【鍼灸によるアプローチ】
中国の張仁先生の「鍼灸治療」には、潰瘍性大腸炎の治癒症例が紹介されている
そうです。
225症例中  治癒162、好転56、無効7です。
この場合、施術は毎日行っていたそうです(例:7~10日行ったら3日あけるという
のを繰り返す)。
鍼灸については、お近くの鍼灸医にご相談になり、施術のプランをたててもらって
下さい。

【光線治療】
ケイシーは、さまざまな疾病に、バイオレットレイ(紫光線)やウルトラバイオ
レットランプ(紫外線)といった光線治療を勧めることがありました。
光線治療を取り入れているイトコに聞くと、潰瘍性大腸炎やクローン病に良い結果を
生んでいるそうです。光線治療器を購入すれば自宅でも施術は可能になります。
ご興味がある方は、下記の診療所にてご相談されてみてはいかがでしょうか。
財団法人光線研究所附属診療所

おそらく、ケイシー療法、ホメオパシー、鍼灸に限らず、その他の代替療法でも
大腸性潰瘍炎やクローン病に、よい結果を出している治療法はあると思います。
また時期をみて、情報のアップデートしていきたいと思いますので、有効な情報を
お持ちの方は、voice(あっと)caycegoods.com まで教えてください


有)テンプルビューティフル メルマガ345号 2010年5月28日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up