エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0215:「心を鍛えるジム」仲間募集

0215:「心を鍛えるジム」仲間募集

=================================
     ◆◇◆ 「心を鍛えるジム」仲間募集 ◆◇◆ 215号
=================================
(有)テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

ここんとこ、ブログを毎日更新してます。

メルマガを書くことに全力投球している分、ブログは、どっちかというと、た
わいない話題ばかりになってしまって、「どこが、毎日がエドガー・ケイシー
やねん」と自分で自分に突っ込んでしまっている状況なんですが、とにかく書
き続けるぞ、と、連続投稿の自己新記録を更新中です。

さて、昨晩、ブログに書いたばかりのホヤホヤの話題が「些細なことを毎日続
ける大切さ」

私は原田隆史先生の本を読み、非常に感銘を受けたんですが、この原田先生は
元・中学の体育教師。子供たちが試合に勝ったり、優勝したりするためには、
心の強さが必要ってことで、この心を鍛えるために、家庭での手伝いを自分の
ルーティンワークにして、とにかく毎日実行することを奨励しています。

それを表にして、やった日は○、サボった日は×をつけていく・・・。
ルーティンワークといっても、毎日お風呂掃除をすることや、玄関の靴をそろ
えることなど、ささやかなお手伝いで十分。
試合に優勝することと、家の手伝いをすることと、どう繋がっていくのか?っ
て思ってしまいますが、1つのことをキチンとやり遂げていくうちに、いろん
な気づきの力が上がる。小さな成功体験が自分の内に蓄積される。自信がつき
セルフイメージが上がる。

そうすると、そんなこと自分には出来ないっていう気持ちが、「自分には出来
る」って気持ちにすり替わっていくらしいんです・・・。
原田先生は、生徒に、何か難しいことをしなさいと言っているわけではなく、
日常のちょっとした手伝いで十分だと言われてます。

ケイシーにも同じようなリーディングがありましたよね。

先日、このメルマガでもご紹介しましたが・・・。
Put into practice day by day that as IS known. Not some great deed
 or act,or speech, but line upon line, precept upon precept, here a 
little, there a little. 

訳:「あなたがすでに知っていることを日々に実践しなさい。何か偉大なこと
を成し遂げたり、偉大な行為をしようとか、素晴らしいことを言おうとするの
ではなく、ここに少し、あそこに少し、教訓に教訓を重ね、あなたがすべき正
しいことを、毎日少しずつ行っていくのだ」257-78

あるいは「今あなたの手の中にあることを実行しなさい」ともケイシーは言っ
ていました。
決めたことを毎日やり続けるって、意外に難しい。
だけど、表に○や×をつけるだけで、継続力は一気に上がっていきそうです。
家の手伝いなんて、特に男性の方は抵抗があるかもしれませんが「靴をそろえ
る」だけで自分の人生が向上していったり、心が強くなっていくなんて、なん
だか、楽しくなりません? ホントかどうか、やってみよう!ってワクワクし
ません?

妻に言われて嫌々やるのと違って、自分の心を鍛える1つの方法だと思えば、
さらにモチベーションが上がります。

子供と違って、大人は、
「そんなのバカバカしい」とか「靴をそろえることで人生が向上するメカニ
ズムに納得がいかない」とか屁理屈を言いそうです。

でも、イエスも言っているではありませんか。
「幼子のような心にならなければ、子供のように自分を低くしなければ、天
の国には行けない」と。(マタイ18章 マルコ10章)

先日、私は、あまりに自分が運動不足なので、万歩計を買って歩く歩数を計
るようにしました。
1000円かそこらの万歩計を身体につけただけなのに、これまでエスカレータ
を使っていた駅でも、歩数を上げるために階段を使ったり、遠回りして歩い
てみたり、けなげに、歩数稼ぎをするようになりました。

数値化したり、視覚化しただけで、人間は、なんと単純なことか。ここは幼
子のように、単純に、なんでも面白がって、チャレンジしたいものです。
ということで、
私も日曜日までに、自分のささやかだけど大切なルーティンワークを10ヶ決
めて月曜日からスタートしたいと思っています。
(子供は20ヶ決めるそうですよ!)


それではまた!

※後記(2008.4.5):現在続いている「ちょっとしたお約束」は、
①朝、カーテンを開けて太陽に挨拶をする
②靴をそろえる
③夜は、流しの食器を必ず洗って寝る
の3つだけです。また初心に戻らないといけないですね。


(有)テンプルビューティフル メルマガ215号  2007年10月10日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up