エドガー・ケイシーを暮らしに活かす!ホリスティックの第一人者、Edgar Cayce専門サイトからあなたへ贈るメッセージ集

エドガー・ケイシー流 まぁるい 生活: 0177:部屋を模様替えして、人生を好転させよう!

0177:部屋を模様替えして、人生を好転させよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◇◆ 部屋を模様替えして、人生を好転させよう! ◆◇◆ 177号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テンプルビューティフルの光田菜穂子です。

ようやく今週から仕事始め。
おかげさまで、アメリカで究極のローフードでデトックスをしながら、ゆっくり過ごす
ことができました。
これから私も2週間の休みを挽回すべく、エンジン、フル回転です。

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。
さて、(有)テンプルビューティフル主催で行うマーク・エインリーの風水講座にちな
んで、今回は、私たちが日頃過ごしている部屋と私たちの気持ちの関係について書きた
いと思います。

テンプルが奥沢に引越した直後のお話なので、約8年近く前のことです。あるお母さん
が、精神的に不安定な娘さんを心配して、どなたか相談できる人を紹介してもらえない
かと、娘さんの写真を持っていらしたことがあります。

写真には、とても可愛らしい20代前半の女性が写っていました。
実は、そのお客様のことは、もう全く覚えてないんですが、その写真だけは、今も鮮明
に覚えています。

というのも、8年も経って、いまだその写真が忘れられないほど、娘さんが立っていた
部屋が汚かったんです!

「一人暮らしの男子大学生の部屋」だったら、さもありなん、と思うんですが、写って
いた部屋は、両親と娘さんが暮らす、いわば家族のリビングルーム。

それなのに、床には空になったペットボトルが何本も散乱し、雑誌や新聞や積み上がり、
ソファーや壁には衣類の山が・・・。

人に見せるためにわざわざ撮したであろうその写真。
他に写真を撮る場所は無かったんですか?と思うほど、とにかくグチャグチャの部屋。
おもわず、そのお母さんに「部屋、いつもこうなんですか?もう少し部屋を片づけられ
たらいかがですか?」ってポロリと言ってしまったほど。

空のまま散乱していたペットボトルからだけでも、その家族の有り様、彼女が育ってき
た環境を推測することができませんか? 彼女は精神的に不安定だったということだっ
たんですが、私は彼女の心の混乱と、ご家族の心の殺伐さを、あの部屋が象徴している
ように感じました。

次は、昨年お会いした女性から聞いた16才の息子さんのお話。

その女性は、以前、マークの風水コンサルティングを受け、そのアドバイス通りに家の
中を全部改築しました。改築時、彼女の息子さんは14才。

そのときの彼は、誰とも口をきかず、いつも人に反発ばかりしているような、少し難し
い男の子。親としては、この先、彼がずっとこのままの反抗期で10代を過ごすのかと暗
澹たる気持ちだったそうです。

彼の部屋は、男の子の部屋にありがちな、青い色調の部屋でした。
それをマークのアドバイスで、部屋全体をオレンジ色の色調に変えたそうです。
すると、息子さんの心はすっかりハッピーモードに変化。今では、心優しい、誰からも
愛される、自慢の息子になっているそうですよ。

青は、その色の言葉を表すことばとおり、ブルーな気持ちに人をさせがち。そのブルー
な気分をオレンジの明るい色が癒してくれたんですね。

色の持つ力のなせる技でしょうが、これってホントにちょっとしたことですよね?

いま日本で問題になっている20代、30代の「ひきこもり」の人たち。
彼らが籠もる部屋の内装をポップに変えたら、なんだか外に出たくなってウズウズして
きませんかねぇ?

部屋の内装や置いている家具について、昨年、マークがとても印象的なことを言ってま
した。

曰く
「企業は何億ものお金をかけてたった15秒のテレビコマーシャルを発信している。それ
は何故か?15秒でも、十分、人の潜在意識に働きかけられるからだ。たった15秒に影響
を受けてしまう人間の意識。ならば、1日中いる部屋から潜在意識が受けるメッセージ
は計り知れない。だったら、いいメッセージを受けられる部屋に替えればいいんじゃな
い?」

風水を取り入れる、というのは、私たちを取り巻く様々なものが、私たちの無意識の領
域に強く影響を与えているなら、今度はそれを利用して、自分がふだん過ごす部屋の中
身を意識的に変えていき、自分の無意識にいい影響、前向きな影響を与えるような部屋
に作り上げることだと思うんです。

その結果として、自分の無意識領域が、意識レベルに作用していき、自分の未来が大き
く変わっていくんだと思うんですよね。

カーテンの色、壁に掛ける絵、ベッドカバーの模様。それを変えるだけでも随分、部屋
の印象は変わってきますよね。

例えば、健康になりたいと思っている人が黒い家具に囲まれ、黒いカーテンを部屋にし
ていたらどうでしょう? やはり明るい健康的な色に変えたほうが生きる意欲も沸きま
すし、それに伴い、免疫力もアップしそうです。。。。

不用品やゴミだらけの部屋は問題外ですが、部屋は自分がホッと一息つき、いわば、自
分の心が無防備になってしまう場所。

ホンのちょっとしたことで、自分の人生が好転するなら、これほどラッキーなことはな
いですよね。
※マーク・エインリーのコンテンポラリー風水講座は、マークの来日にあわせ、年に1
回程度、開催しています。マークのサイトはこちら

(有)テンプルビューティフル メルマガ177号  2007年1月15日配信

検 索

カテゴリー

新着記事

月別アーカイブ

エドガーケイシー Pick Up